東京モーターショー2017に出展したsmartからは、アジアプレミアとなる「smart vision EQ fortwo」をはじめ、オンライン販売で契約すれば、最終的には納車をされるのを待つだけという「Mercedes-Benz Online Store(メルセデス・ ベンツ オンラインストア) 」の開始が発表されました。

「smart vision EQ fortwo」は、シティユース、カーシェアリングを目指した次世代のEVコミューターで、電動化をはじめ、コネクティビティ、自動運転、ライドシェアというキーワードが盛り込まれています。

10月25日に開始された「Mercedes-Benz Online Store」は、購入希望モデルと担当販売店の選択、ローン審査並びに申込金決済、契約締結など一連のプロセスをオンラインで行える販売方法。その後、登録手続きなどを経て、担当販売店が顧客への納車とアフターサービス、カスタマーケアまで行われます。

対象モデルの「smart forfour turbo crosstown limited」は、最高出力66kW(90ps)、最大トルク135Nmという直列3気筒エンジンを搭載したスマート のターボモデルがベースです。シティコンパクトとしての個性はそのままに、SUVルックのエクステリアパーツがされたクロスオーバーモデル。価格は3,002,000円。

もう1台の「smart BRABUS forfour canvas-top limited」はforfour初のキャンバストップモデルで、「smart BRABUS forfour Xclusive」がベース。こちらには最高出力80kW(109ps)、最大トルク170Nmを誇る「BRABUS」専用直列3気筒ターボエンジンを搭載し、スポーティな走りと開放感あるキャビンが魅力です。

(文/写真 塚田勝弘)

【東京モーターショー2017】smartは、アジア初公開の「smart vision EQ fortwo」とオンライン販売用の限定2モデルを発表(http://clicccar.com/2017/10/26/524532/)