富士急ハイランド「高飛車」が乗客400万人突破! 数々のお祝いイベントを実施

写真拡大 (全2枚)

 富士急ハイランド(山梨県富士吉田市)の名物、最大落下角度世界一のローラーコースター「高飛車」は2011年7月の開業以来、多くの人が搭乗して“絶叫”したが、10月26日には累計搭乗者数400万人を突破する予定! そこで、記念すべき400万人目のラッキーな人には、高飛車に1年間優先乗車できる特典がついた年間フリーパスを贈呈する。そのほか、フリーパスやお餅を振る舞う「福のおすそわけ」セレモニーを開催するなど、富士急ハイランドは400万人突破を盛大に祝う。

 また、翌日10月27日から4日間、高飛車に乗車した人のうち1日先着400人に、オリジナル高飛車ステッカーをプレゼント。さらに、11月上旬には、1996年7月に登場したキング・オブ・コースター「FUJIYAMA」の搭乗者数が2,200万人、12月下旬には、2006年7月に登場した総回転数世界一のコースター「ええじゃないか」の搭乗者数が700万人を突破する予定。絶叫コースターの搭乗者数突破が続くことを祝い、11月1日から、園内で撮影した画像をSNSに投稿すると「I♥絶叫」ステッカーをもれなくプレゼントするほか、投稿した人の中から抽選で、通常販売していない非売品の、4大絶叫コースター(高飛車、FUJIYAMA、ええじゃないか、ド・ドドンパ)に1年間いつ遊びにきても優先乗車できる「年間絶叫優先パスポート」(フリーパスが別途必要)のプレゼント、4大絶叫コースターの優先乗車券が当日いきなり抽選で当たる「いきなり絶叫優先券」など、期間限定で楽しめるキャンペーンを多数実施する。

 この機会に富士山のすそ野で“絶叫”を満喫しよう!