ファッツ・ドミノが89歳で死去

写真拡大

 2017年10月24日、アメリカの伝説的アーティスト、ファッツ・ドミノが死去した。享年89歳、死因は老衰と伝えられている。

 彼の子どもたちが発表した声明には、「私たち全員が父へのあふれる愛情と敬意に感激しています。彼は自分が愛していた者、そして彼を愛していた者に囲まれながら自宅で静かに息を引き取りました。彼の音楽はあらゆる境界線を超え、世界の隅々にまで彼を運びました」と綴られており、1960年の「ライジング・サン」の歌詞が引用されている。葬儀の詳細は調整中とのことだ。

 彼の訃報を受け、LL・クール・J、ハリー・コニック・ジュニア、2010年結成のロック・バンドLow Cut ConnieのフロントマンでピアニストのAdam Weiner、俳優のサミュエル・L・ジャクソン、ザ・ルーツのクエストラヴなど、多くの有名人が哀悼の意を表しており、ファッツ・ドミノが新旧問わず様々なジャンルのアーティストに多大な影響を与えたことがうかがえる。