足湯(足浴)は、お湯に足を浸けるだけの簡単な入浴法です。ただ足を温めるだけの行為に見えますが、実は足だけではなく全身にまで及ぶ効果を持っているのです。この記事では、足湯に秘められた効果についてご紹介していきますね。

効果1.冷えの解消・改善

冷え性は多くの人を悩ませている問題です。そんな冷え性は、足湯で解消・改善することができるのです。冷え性は全身に血液が巡らなくなる血行不良で起きていて、特に身体の末端に位置する足は血流が悪く、冷えやすい部分です。足湯はそんな足を温めることにより、足先の血流を改善して全身の血の巡りを良くしてくれるのです。血流が改善されることで、自然と冷え性が緩和されていきます。

効果2.血流改善によるむくみの解消

身体のむくみは血流の悪さが原因で起きています。血液は身体中に栄養を運んだり、溜まった老廃物や毒素を押し流して排出する役割を持っています。血流が悪くなると老廃物が流されずにとどまってしまい、その部分がむくみになってしまうのです。足湯は身体の末端である足から全身にかけて、血流を促してくれます。そのため老廃物や毒素、水分などが血流に乗ってスムーズに流されていき、むくみが改善されていくのです。

効果3.免疫機能が高まる

人の身体の免疫機能は、体温が上昇すると高まります。体温が上がると代謝が良くなったり、内臓機能が活発になったりするのです。また、血液に乗って全身に栄養が行き届くのもその理由ですね。昔から「頭寒足熱」という言葉もある通り、足を温めることは健康の秘訣です。風邪を引きかけているときなどは特に、足湯で免疫を高めてみてはいかがでしょうか?効果的な足湯のやり方もぜひチェックしてみてくださいね。

効果4.リラックス効果が得られる

半身浴にリラックス効果があるのは有名ですが、実は足湯だけでも十分なリラックス効果を得ることができます。わざわざお風呂にお湯を張らなくても、桶やバケツを用意するだけですから手軽ですね。足湯で身体が温まると、自律神経のうちリラックスを司る副交感神経が活発になっていきます。イライラや興奮が鎮められ、ストレス解消にもなるのです。用意した足湯の中にエッセンシャルオイルや入浴剤を入れると、さらにリラックス効果が高まりますね。眠る前の足湯には入眠作用も期待できます。


writer:さじや