松山は1アンダーで後半へ(写真は練習日)(撮影:GettyImages)

写真拡大

<WGC-HSBCチャンピオンズ 初日◇26日◇シャーシャン・インターナショナルGC(7,266ヤード・パー72)>
中国のシャーシャン・インターナショナルGCを舞台に開幕した、2017-18シーズンの世界ゴルフ選手権第1戦「WGC-HSBCチャンピオンズ」。昨年覇者の松山英樹が前半のプレーを終了した。

松山はインコースからスタート。15番までパーを重ねると、16番でバーディを奪取。1アンダーで後半のプレーに入った。
現在の首位は6アンダーでプレー中のブルックス・ケプカ(米国)、キラデク・アフィバーンラト(タイ)、ギャビン・グリーン(マレーシア)ら3選手。日本勢は片岡大育が17ホールを消化し2アンダー、今平周吾が13ホールを消化し1アンダー、谷原秀人は10ホールを消化し1オーバーとしている。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

WGC開幕!松山英樹の順位は?
松山英樹、狙うは連覇!「この大会がキャリア最高の12ヶ月になったキッカケ」
松山英樹は世界1位のD・ジョンソン、J・ラームとの最注目組に
石川遼、プロ転向後初Vの大会で活躍誓う「いろんな面で準備はできている」
【松山英樹のドライバー解説】フェースを長くスクエアに保つ技術は世界一