東京モーターショーに出展されるコンセプトカーから、各社注目車をピックアップ。担当デザイナーに速攻インタビューを敢行しました。第1回はトヨタ・Tj CRUISERです。

-まず始めに、今回ツールボックスをモチーフに選んだ経緯はどこにありますか?

「ターゲットをアクティブな男性とし、仕事とプライベート、オンとオフを区別しない彼らの生活スタイルを表現したかった。そこで、ガンガン使い倒す道具箱をイメージしました」

-道具箱にしては、ボディサイドなど面が非常に滑らかでスッキリしています

「洗練されたモダンな道具箱ということですね。ボディ全体を丁寧に面取りすることで、力強さと美しさを両立。また、できるだけ要素を減らして機能美を表現しました」

-フェンダーに格納された前後ランプは、量産車のキーンルックとは異なる表現ですね

「オンとオフ、即ちバンとしてのキャビンにSUVの力強い大径タイヤを組み合わせた。ここで張り出したフェンダーの中に、機能的な意図でランプを収めたわけです。今回は、キーンルックよりもこのクルマの個性を優先しています」

-力強さを与える場合、リアピラーを抜かずボディ色にする方法もあると思いますが?

「今回、ルーフは強化塗装を施してモノを置くなど想定、そのため全高を通常のSUVより抑えています。その特徴をさらに増幅させるため、あえて前後にウインドウを抜いているんです」

-ホイールも力強さがありつつ、かなりシンプルですね

「これはギアがモチーフで、機械としての機能性を表しています。実はタイヤも専用設計で、外側がオフロード、内側がオンロード用にデザインされ、ここでもコンセプトが表現されているんです」

-本日はありがとうございました。

(語る人)
トヨタ自動車株式会社
先進技術開発カンパニー
グローバルデザイン企画部 先行デザイン開発室
主任 井熊裕和

(インタビュー:すぎもと たかよし)

【東京モーターショー2017コンセプトカー・デザイン速攻インタビュー 】トヨタTj CRUISERのモチーフはツールボックス(http://clicccar.com/2017/10/26/524603/)