全日空(ANA)は、毎年恒例の「初日の出フライト」を2018年元旦に実施する。

東京/羽田発着と名古屋/中部発着の2コースを設定。東京/羽田発は午前4時15分頃に集合し、午前5時35分頃に出発、午前8時に到着、解散する。名古屋/中部発は午前4時45分頃に集合し、午前5時50分頃に出発、午前7時20分に到着、解散する。両コースとも長野県上空で初日の出と富士山を眺めながら遊覧し、機内では弁当と飲み物、搭乗証明書を配布する。

東京/羽田発は国際線仕様のボーイング787-8型機を使用。代金は普通席利用で2人で70,000円から。名古屋/中部発ではボーイング737-800型機を使用。代金は窓側から2席の利用で2人で88,000円となる。

販売開始は東京/羽田発は11月15日午前10時30分から、名古屋/中部発は11月16日午前10時30分から。ANAマイレージクラブ会員限定で、電話予約のみ受け付ける。