画像提供:マイナビニュース

写真拡大

愛知時計電機とファーウェイ・ジャパンは、IoT向けLPWA(省電力広域無線ネットワーク)の1つであるNarrow Band IoT(NB-IoT)の水道検針への活用に向けて、技術検証を進めると発表した。

両社は、高松市で開催されている日本水道工業団体連合会主催の高松水道展2017(10月26日・27日)で、NB-IoT通信に対応した感震センサー搭載の光ピックアップ方式水道メーターを展示し、ファーウェイのSoftRadio(NB-IoTサービス開発ツール兼シミュレーター)を利用して、擬似的に遠隔地から水道使用量等のデータを自動検針する様子をデモンストレーションするほか、震災時に水道配管の被災状況を確認できる仕組みを提案する。

両社は今後、2018年春に向けて、NB-IoTによる自動検針の技術検証を進めていくほか、日本国内を足がかりに、海外における事業展開も模索していくという。

愛知時計電機では、「土中に設置される水道メーターにとって必要なディープカバレッジを持つファーウェイのNB-IoT技術に着目し、共同でラボレベルでの技術検証を進めてきた。今後は実際のフィールドでその実力を実証し、NB-IoTを活用してお客さまのニーズに応える商品やサービスを展開したい」としている。