ヤングなでしこ、中国下し決勝進出! 来年開催のU20W杯出場権も獲得

写真拡大

 AFC U−19女子選手権中国2017 準決勝が25日に行われ、U−19日本女子代表(ヤングなでしこ)がU−19中国女子代表と対戦した。

 ヤングなでしこがボールを支配し攻め立てるも、ゴールを奪うことができずに前半を折り返した。それでも47分、敵陣中央ペナルティエリア付近でボールを受けた宝田沙織が、左から駆け上がってきた宮澤ひなたにスルーパスを送る。DFに寄せられ倒れこみながらもシュートをゴールへ流し込み、先制点を決めた。

 直後の48分、右サイドを突破した宝田が中央へグラウンダーのクロスを送る。フリーで走りこんできた宮澤がネットを揺らし、点差を広げている。

 さらに2点を加えたヤングなでしこは85分、目原莉奈が技ありトラップからGKとの1対1を冷静に決め勝負あり。決勝進出を決めるとともに、来年開催されるU−20ワールドカップの出場権を獲得した。

【スコア】
日本代表 5−0 中国代表

【得点者】
1−0 47分 宮澤ひなた(日本)
2−0 48分 宮澤ひなた(日本)
3−0 61分 オウンゴール(チェン・クアズー)(日本)
4−0 63分 植木理子(日本)
5−0 85分 目原莉奈(日本)