ただいま開催中の東京モーターショー2017・スズキブースでは”ハスラー・ワイド”こと(?)クロスビーが展示されています。


さて、自分でハスラー・ワイドと書いておいて言うのもなんですが実はこのクロスビー、写真ではなく実際に目で見てみるとハスラーとは大きく印象が異なる部分が多いのです。


例えば前後のフェンダー周辺はハスラーと瓜二つに見えます。が、実際にはクロスビーはフェンダー全体がふくよかに張り出していることに加えリップ部分もさらに肉付けされて全体にボリューミーです。


インテリアも左右を貫くカラーパネルの使い方が共通しており、パッと見ではハスラーに近いイメージを抱きます。が、よく見るとクロスビーではパネルがより立体的になり、使用している材質もより上質なものになっているのです。


荷室空間についても大きな差があります。クロスビーはシートスライド位置を最後端にしていても、ハスラーより一回り以上大きな空間が確保されています。これなら遊び道具をいっぱい積んで子供と出かけるのが楽になりそうです(ハスラーでは4人乗車でキャンプ泊前提の道具をいっぱい積む、というのはちょっと厳しかったので。もちろん荷物量に個人差はありますが……)。
また、これは数値には現れない点ですが、クロスビーではシートやドアパネルに使われている素材もハスラーより上質なものがセレクトされているので、所有満足度という点でも大きな違いがありそうです。

というわけで、メーカー発表の公式写真だけでは把握できない良さが実物のクロスビーにはありました。東京モーターショーに行ける方はぜひぜひ実車で確認してみてください。

(ウナ丼)

 

【東京モーターショー2017】肉眼で見るとハスラーとの違いが大きい! スズキ・クロスビー(http://clicccar.com/2017/10/26/524436/)