個性派女優・内田慈、初主演作『ピンカートンに会いにいく』1月20日公開決定

写真拡大

 坂下雄一郎監督作『ピンカートンに会いにいく』の公開日が来年1月20日に決定。あわせて本ビジュアルが公開された。

参考:吉沢悠主演映画『エキストランド』追加キャストにはんにゃ金田ら ティザービジュアル&場面写真も

 本作は、坂下雄一郎監督オリジナル脚本によるヒューマンコメディ。ブレイク寸前で解散してしまった5人組アイドル「ピンカートン」が、20年の月日を経て再結成するまでの奮闘を描く。

 元ピンカートンのメンバーで主人公・優子を、『恋人たち』、『下衆の愛』で存在感を発揮した内田慈が務める。内田は映画初主演となる。そのほか、ピンカートンの元メンバーを、松本若菜、山田真歩、水野小論、岩野未知。ピンカートンの現役時代を小川あん、岡本夏美、柴田杏花、芋生悠、鈴木まはなが演じる。

 このたび公開された本ビジュアルには、“もう一度、アイドルやっちゃう!?”のキャッチャーコピーと共に、現在と過去の“ピンカートン”メンバーたちが映し出されている。(リアルサウンド編集部)