緊迫感たっぷりの「BORDER 贖罪」の現場へ潜入!/撮影=龍田浩之

写真拡大

2014年4月クールに連続ドラマとして放送され、規格外のスケール感と役者陣の演技、そして衝撃の“ラスト”が話題を呼んだ小栗旬主演の「BORDER」(テレビ朝日系)。

【写真を見る】小栗旬と国村隼が顔交換!? おちゃめ過ぎる舞台裏独占ショット/撮影=龍田浩之

3年間の沈黙を経て、10月6日と13日には波瑠主演のスピンオフ「BORDER 衝動〜検視官・比嘉ミカ〜」が放送され、29日(日)夜9時から待望の“続編”ドラマスペシャル「BORDER 贖罪」が放送される。

そんな本作の撮影現場に、WEBサイト「ザテレビジョン」が独占潜入! 放送直前になり、公式SNSでも現場のオフショットが続々と公開されているが、本誌のカメラが収めた写真とともに、現場リポートを掲載する。

現場に潜入したのは今から少し前の、まだ暑い時期。都内のスタジオに現れた主演の小栗は、軽やかなメロディーの口笛を口ずさみながらスタジオ前へ。

セットのスタンバイができるまでは、ワイドショーを見ながら「これってどういうことなの?」「ひどい事件が起きるよね」などと、制作スタッフと談笑し、とてもリラックスした表情を見せていた。

続編は3年前に放送された衝撃の「BORDER」最終回から直結のストーリー。小栗も取材で「連ドラのときは、やつれていく石川を演じるために体重を絞りましたし、精神的にも石川に支配されながら過ごしていました」と言っていたが、当時のままの石川を演じるということはメタボ一直線の記者には到底理解できない“究極の役作り”が必要だ。

周囲で見守るキャスト、そして本人すらも本当に戻れるのか?ということには半信半疑だったようだが、いざ撮影の時間になり、スタジオに一歩入るなり、一気に小栗をまとうオーラがダークグレーに。見ているこちらが思わず「あっ、石川だ!」とつぶやいてしまうほど、完璧に“戻って”いた。

お世辞でもなんでもなく、ちょうど3年前の連ドラの現場にも取材に入っていた記者だからこそ、それは自信を持って言える仕上がりだった。

この日の撮影は、“最悪の敵”安藤(大森南朋)を突き落してしまった石川が、日本を代表する名優の1人・國村隼演じる監察官・久高からその件に関して取り調べを受けるというシーン。薄暗い取調室で、名優2人が静かに対峙(たいじ)する姿は、ペンを走らせる音すら発してはならないほど緊張感たっぷり。

スタッフも当然緊張の面持ちで2人の演技を見守り、演出を担う常廣丈太監督はワンカットワンカット熱を込めて2人にシーンの説明や、演出プランを語っていた。

小栗は、役に入り込むためか、撮影の合間合間にあるちょっとのスタンバイ時間では極力周囲と話すことをせず、撮影場所近くの椅子に座って完全に役と向き合った。

それでもひと段落すると、國村と柔和な笑みを浮かべながらたわいない話をしていた小栗。この“境界線”をきっちり引く集中力はどこからくるのだろうかと衝撃を受けるほど、オンとオフではまるで違う表情を見せてくれた。

途中、大森も撮影に加わり“あり得ない3人の姿”のシーンも撮影。こうして日本のドラマではなかなかたどり着けない次元のストーリーが、目の前で展開された。

休憩中には、國村がスタッフと画像加工アプリ「SNOW」に興じる場面も。國村は別の作品で共演した広瀬すずとも“顔交換”したそうで、「その時も爆笑やったよ!」と明かし、実際にスタッフと交換してみることに。

さらに「ジョジョの奇妙な冒険」のリーゼントヘアーがトレードマークの主人公・東方仗助になるための加工をした國村。

これには小栗も「國村さん似合うなあ〜」と感心しつつ、「楽しそう!」とばかりに小栗も「SNOW」をやってみることに。リーゼントに変身した小栗に、國村は「めっちゃ似合っているやん! (ジョジョ実写映画で)俺の孫や」とほほ笑んだ。

その後も2人は楽しそうに「SNOW」でお互いの顔交換をしたり、撮影現場を後にする大森が記念撮影している後ろで小栗が謎の動きを見せたりと、リラックスして休憩時間を過ごした。

そして再び現場からお呼びがかかると、一気に切り替え、現場に戻った小栗。すぐさま憔悴し切った顔に戻り、撮影が続けられた。

連ドラ最終回では誰もが「あの後どうなる?」「もうやりようがないのでは…?」と衝撃を受けた「BORDER」。日本のドラマ史上類を見ない“ラスト”から、新たなスタートラインへ。3年の時を経て描かれる“続編”は、間もなく世に放たれる。

■ 「BORDER 贖罪」あらすじ

頭部を被弾して生死の境をさまよった後、「死者と対話できる」特殊能力を得た刑事・石川安吾。殺人事件の被害者たちの声に耳を傾けるうち、正義心をどんどん燃え上がらせていった彼は、裏の世界の力を借りて証拠を捏造(ねつぞう)するなど、危うさも増長させていた。

そんな中、石川は“絶対的な悪”を体現する史上最悪の敵・安藤周夫と、ついにマンションの屋上で対峙することに。だが、安藤は石川の正義が中途半端であるとして、徹底的に挑発。

あおられた石川は自らの正義をなすため、そして死者の無念を晴らすため、正義と悪の境界線で究極の決断をしてしまう。

石川をよく知る者たちの間に衝撃が走る中、警視庁では独特の存在感を放つ監察管理官・久高喬が石川の取り調べを開始。穏やかな物腰ながらも、鋭い観察眼を持つ久高は、石川から拭い去ることのできない違和感を覚え…。

そんな中、石川は街中で美しくはかなげな女性・須藤真実(中村ゆりか)と遭遇する。「私を殺した犯人を捕まえてください!」という死者の強い思いを受け、再び石川が取った予想外の行動とは…?