本田が豪快ミドル含むメキシコ初の1試合2得点! 「壮観な左足」「ゴラッソ」と現地メディア絶賛

写真拡大

コパMX16強のサカテペク戦で5-0勝利に貢献

 パチューカの日本代表FW本田圭佑は、現地時間25日に行われたコパMX(メキシコカップ)16強のサカテペク戦で、強烈な左足のミドルシュートを含む2得点の活躍を披露。

 現地メディアでは「壮観な左足」「ゴラッソ」と絶賛されている。チームも5-0で勝利し、準々決勝に駒を進めた。

 本田の左足が輝きを放った。1-0で迎えた前半36分、右サイドでパスを受けると、相手DFをかわしながら中央へカットイン。体をひねるようにして左足を思い切り振り抜くと、強烈なシュートがゴール左隅に突き刺さった。

 メキシコメディア「INVICTOS」は、「彼(本田)は右サイドでボールを受けると、DFをかわして自らスペースを見つけた。壮観な左足でシュートを放ち、サカテペクのGKはノーチャンスだった」と本田のゴールをレポート。スペイン語で「素晴らしいゴール」を意味する「ゴラッソ」と称賛した。

 本田は同44分にもスルーパスに抜け出し、GKとの1対1を左足で冷静に決めて2ゴール目もゲット。移籍後初となる1試合2得点を達成した。記事では「元ACミランであることを少しずつ証明している」と、徐々に本田が調子を上げているという点にも注目されている。

 パチューカはさらにゴールを重ね、5-0と2部のサカテペクを圧倒。順当な勝利で勝ち進み、ベスト8ではクラブ・ティフアナと対戦する。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

【動画】「コパMX」公式ツイッターに投稿された、サカテペク戦の2ゴール

前半36分に決めた豪快な左足ミドル

前半44分にGKとの1対1を制して冷静に決めた2点目のゴール