お給料が入ったら、まずやってほしいのは「目的別に分ける」ことです。これが、お金を計画的に使って貯めることの、第一歩です。銀行口座の使い分けの仕方から、給料日にやって欲しいことなどを解説していきます。

写真拡大 (全3枚)

これで絶対お金が貯まる!給料日のルール

確実にお金を貯めるために「お給料が入ったらまずやること3ステップ」を紹介します。

準備段階:銀行口座は、使い分けるために2つ用意しよう

まず準備段階として、銀行口座を2つか3つ持つことをお勧めします。(口座はあとで作ればいいので、とりあえず3ステップまで読み進めてみてください。)

銀行口座は、下の例のように目的で使い分けます。ポイントは、【生活費などの「使うためのお金」と「貯蓄」を、別の口座にわける】ことです。貯蓄するお金は「引き出さない!」と決めて、キャッシュカードを持ち歩かないようにしましょう。入金は通帳があればできますので不便はありません。下表は、目的別の口座使い分け例です。



では「お給料が入ったらまずやること 3ステップ」をご紹介しましょう。

ステップ1 必ず出ていくお金を取り分ける



まず最初にやることは、家賃や光熱費など、「必ず出ていくお金を取り分ける」こと。

貯蓄よりも何よりも、生活のベースとなるお金をきちんと支払うことが大切です。家賃は金額が大きく、一度滞納してしまうと、翌月以降に支払う金額がどんどん大きくなって返せなくなってしまいます。お給料が入ったら、ほかの買い物をする前に、このお金をキープしてしまいましょう。

このお金は、早めに先方に支払ってしまうか、または引き落としやカード払いに使う口座に入れてしまいます。普段使う口座に入れっぱなしにしておくと、つい使ってしまうキケンがあります。この危険を回避するのです。

ステップ2 貯蓄用のお金を取り分ける

次に、貯蓄するお金を取り分けて、貯蓄用の口座に入れましょう。月末に残ったお金を貯金しようと思っていると、結局たいして残らず、いつまでたっても貯金が増えません。そうならないように、あらかじめ貯蓄分を取り分けてしまうのです。

給与振込口座を貯蓄用にも使いたい場合は、貯蓄する分は普通預金のままにせず、「積立」にしましょう。「これは貯めていくお金だから、使ってはダメ」と、はっきり認識できる形にしておくことが大切です。

貯蓄する金額の目安は、給与振込口座に振り込まれた金額(つまり手取り)の1割。できれば2割。実家暮らしの人は3割も可能では? 一人暮らししたらかかるであろう家賃や光熱費分を貯金してしまうという考え方もありますね。収入が少ないという人も、1万円でも2万円でも少しずつ貯金することをお勧めします。貯金は習慣にしてしまえば、それほど大変ではないものです。

ステップ3 お金の使い方を考える

ステップ1で家賃などを取り分け、ステップ2で貯めるお金を取り分ける。そして残ったお金が、「使えるお金」ということになります。使えるお金は、貯蓄用のお金とは必ず分けてください。いつでも引き出せるよう、コンビニATMなどで無料で引き出せる口座を使うとよいと思います。

使えるお金はこんなに少ないの? と思う額になるかもしれません。お金の使い方も工夫しなくてはいけませんね。一人暮らしの生活費の中で、自分の工夫次第で支出をコントロールできるのは「食費」です。お昼を手作りのお弁当にする、外食の回数を控え目にする、飲み物は買わずに家でお茶やコーヒーをいれるなどを心がけると、1か月の食費は2万円くらい差がでます。また、会社に着ていくスーツや靴は、手入れ次第で印象が変わります。スーツのしわをとる、靴を磨くなど、ものを大事に使うことも習慣にしたいものです。

また最近はスマホなどの通信費がかさんでいる人も多いようです。料金プランの見直しはもちろん、使い方そのものを見直してみましょう。お金だけでなく、時間の浪費をしているケースもあるのではないでしょうか。

大きな買い物や旅行の費用は

大きな買い物や旅行をしたい時は、どうしたらいいのでしょうか。ステップ2で取り分けた貯蓄用のお金を使ってはいけません。貯まったら使い、貯まったら使いを繰り返していては、いつまでたっても資産を築くことはできません。それはあくまでも将来に向けて貯めていくお金でです。近いうちに使うためのお金は別に貯めましょう。
(文:やがら 純子)