モーターショーといえば、職業ドライバーでなければ普段は縁の薄い大型トラックを触れる数少ない機会。

大型トラック「クオン」で知られるUDトラックスは、第45回 東京モーターショーにおけるテーマを”Best truck for all drivers! - すべてのドライバーにとって、ベストなトラックを目指して。”としています。

その主役といえるのが、東京モーターショーに合わせて発表された新型「クオン・セミトレーラー」。11リッターの直列6気筒ディーゼルエンジンは、UDトラックスが先鞭をつけた尿素SCRシステムを採用することで460馬力、2200Nmというハイパフォーマンスを実現しながら、平成28年排出ガス規制に適合した環境性能も併せ持っています。

この新型「クオン」の顔をよく見ていると思い出すのは、2年前の東京モーターショーにUDトラックスが出展したコンセプトカー「クオン・フューエル・デモンストレーター」。まさにコンセプトカーを実現したというわけです。

そして、車両の持つ運転性能や燃費・環境性能だけでなく、オンラインサービスによる安全性、生産性、稼働率を高めることもUDトラックスの使命であると、登壇した村上吉弘 社長は語りました。

また、UDトラックスのブースでは、クオンのカットボディを利用したバーチャル試乗ムービーを作成するというサービスも実施中。オンラインで動画を楽しむことができるだけでなく、思い出としてダウンロードして保存したり、TwitterやFacebookで共有したりと、楽しめるユニークなサービスです。

(山本晋也)

【関連記事】

【東京モーターショー15】UDはゼロ・エミッショントラックを提案
https://clicccar.com/2015/10/28/336020/

【東京モーターショー2017】UDトラックス・ブースは2年前のコンセプトカーが現実になった市販モデルが主役(http://clicccar.com/2017/10/26/524684/)