タイの首都バンコクで、プミポン・アドゥンヤデート前国王の肖像の前でろうそくに火をともすワチラロンコン国王(2017年10月26日撮影・提供)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】(更新、写真追加)昨年死去したタイのプミポン・アドゥンヤデート(Bhumibol Adulyadej)前国王の火葬に向けた儀式が26日午前、首都バンコク(Bangkok)で始まった。王宮周辺には喪服姿の国民が多数詰めかけ、「国父」と慕われた前国王をしのんでいる。

 在位期間が70年に及び、昨年10月に88歳で死去したプミポン前国王に最後の別れを告げようと、夜明けとともに王宮周辺には推計20万人の国民が集まった。多くの人は前国王の遺影を手にしていた。

 9000万ドル(約102億円)をかけて王宮前広場に設営された火葬施設には、黄金色の壮麗な車が登場。ワチラロンコン(Maha Vajiralongkorn)国王が仏教の僧らと共に1日にわたる厳かな儀式を開始した。

 ワチラロンコン国王が午後10時(日本時間27日午前0時)に火葬の薪に火を入れる。王族や軍高官、支配者層の人のほか、外国の要人も参列する。
【翻訳編集】AFPBB News