仕事に勉強、掃除に洗濯…、あれもやらなきゃ、これもやらなきゃ…。毎日やるべきことをこなすのに必死で“ネコの手も借りたい”人におすすめなのが『必死すぎるネコ』(沖昌之/辰巳出版)。沖昌之さんのネコ写真集待望の2作目で、早々に重版も決定。「やっと手に入れた! 呼吸や温度まで感じられるすごい写真集!」「なんかもう、終始顔がゆるみっぱなし」と話題になっている。

 いつものんびりとマイペースな日々を送っているイメージのネコたち。その「のんびり」や「マイペース」のウラにある、ネコたちのがんばりを切り取っている。爪とぎにエサ探し、結婚のお相手探し…ネコだって毎日やるべきことがたくさんあるんです。とっくみあいの喧嘩をするネコ、憧れのあの子のおしりを追いかけるネコ、あんなものやこんなものをエサにしちゃうネコ…などなど。

 普段ののんびりした姿からは想像できないネコの血の気たっぷりで必死(だけどちょっとおバカ)な一面を絶妙なタイミングで激写! もちろん必死すぎるネコたちの姿だけでなく、普段ののんびりした姿をいろんな角度から撮った写真も満載です。

 ネコたちが必死になる一方で、カメラマンの沖さんと製作スタッフもネコたちの必死すぎる姿を求めて必死になる。沖さんは「毎日カメラを持ちつづけ、まっすぐ家路につかずにうろうろ徘徊」し、「早朝や深夜もねこの時間に合わせてふらふらと歩き回」るのだそうだ。また、沖さんが撮りためた何万枚というネコの写真の中から厳選された90枚の写真は、製作スタッフが1枚1枚丁寧に見直していったのだとか。写真の中のネコたちからは「人間の手も借りたい」という心の声が聞こえてくるかも!?

 これぞまさに「ネコの手も借りたい」ヒトたちと「ヒトの手も借りたい」ネコたちの共同作品集。仕事や家事に疲れたら、この写真集を手に取り、必死にがんばるネコたちの姿を眺めて心のエナジーチャージをしてみてはいかがでしょうか? きっとあなたもネコの気持ちに大いに共感しちゃうはず!

文=ムラカミ ハヤト