【頑張らなくても楽しい。COFFEE 1/365days】

【詳細】他の写真はこちら



奥深きコーヒー道を歩み続けられるかは実は一歩目の“ハードルの低さ”にかかっている!

カジュアルな飲み物なのに嗜好性が高く、とても奥が深いコーヒー。苦い、でもなぜか美味しい。ワンモアコーヒーください!と世界の大人たちが今日もどこかでコーヒーを嗜んでいる。でもちょっと待って。「コーヒーってなんとなく美味しい」と、見た目や雰囲気で飲んでいませんか。その美味しいの秘密、少しでも解決できれば明日のコーヒーがもと美味しくなるはず。極めずに知るだけ試すだけ。頑張らずに通っぽいノウハウを手に入れよう。

Design Coffee Item's



キッチンはもとより、オフィスにも置かれるコーヒー。趣味・嗜好性の高さはデザインにも表れ、実力を兼ねた美しい器具が数多く登場している。

【無骨な「男のコーヒー」を演出】



キントー

KINTO SLOW COFFEE

STYLE S04 BREWER

STAND SET

実勢価格:1万2960円

シンプルでいて存在感を放つマットブラックな鋳物スタンドと磁器製ブリューワーのセット。スタンドの高さを調整できるので、ドリップサーバーの組み合わせは自由度が高い。ブリューワーは食洗機OK。

【密閉式ポッドに圧力をかけて抽出】



アークトレーディング

AMERICAN PRESS

実勢価格:1万2960円

圧力をかけて抽出する、アメリカ生まれの新スタイルコーヒープレス。内部のペーパーレスフィルターがコーヒー成分を残さず抽出するので、クリーンでまろやか、豆の味がしっかり抽出できる。

【洗練された北欧デザイン 美しくおいしく淹れる】



ウィルファ プレシジョン

Wilfa svart

Precision WSP-1A

実勢価格:6万4800円

ノルウェーのスタイリッシュなコーヒーメーカー。タンク部とドリッパー・サーバー部が上下ではなく、左右に分かれている美しい製品フォルムを実現。同国のバリスタ世界チャンピオン監修のもと、コーヒー技術を惜しみなく投入し、開発されたこだわりのマシン。

【オフィスでも使えるサイフォン】



ボダム

ePEBOサイフォン式コーヒーメーカー

実勢価格:3万2400円

1950年代に開発された同社の定番サイフォン式コーヒーメーカーを"電気式サイフォン"としてアップデート。1回の抽出は750mlから1Lで、デザインオフィスなどでも映える。

【丁寧にドリップできるポット】



ミヤコーヒー

シングルドリップ マホガニー

実勢価格:4320円

ドリップコーヒー1杯分に最適な容量0.4Lの急須型ポット。注ぎ口は7mmと極めて細く、繊細なドリップコントロールが行える。コーヒーケトルを重く感じる人にも◎。

【曲線が美しい水出しコーヒー】



イワキ

SNOWTOP ウォータードリップ コーヒーサーバー Uhuru

実勢価格:5万4000円

「コーヒーのある暮らし」をテーマに開発されたイワキ「SNOWTOP」シリーズの最上位モデル。木とガラスでできた水出しコーヒーで、ドリップ速度の調整が行える。



イワキ

SNOWTOP コーヒーポット&ドリッパーセット 600ml

実勢価格:7560円

磁器製ドリッパー、木製ハンドル、ガラスサーバーのドリッパーセット。

【おひとりさまコーヒーメーカー】



OXO

オートドリップ コーヒーメーカー

実勢価格:3240円

電気を使わないシンプル×エコなコーヒーメーカー。タンクをドリッパーの上にセットすると小さな穴からお湯が点滴のような落ち、何もせずにドリップしてくれる。蒸らしを行なってから使うのがオススメ。

【コーヒー通のマストアイテム】



HARIO

V60ドリップステーション

実勢価格:5400円

多くのハンドドリップ店で使われているバリスタ御用達ドリップステーション。別売りの「V60ドリップスケール」と組み合わせることで正確な味のコントロールが行える。コーヒーをきちんと計算したい人にオススメ。

【計算されたタイミングでお湯を落とす】



HARIO

V60 珈琲王 コーヒーメーカー

実勢価格:1万5984円

ハンドドリップ型コーヒーメーカーの先駆けとなった製品。お湯を落とす行程に徹底的にこだわり、蒸らし・抽出を最適なタイミングで行なってくれる。V60円すい型ドリッパー対応品。

【こだわりは「沸騰してから」淹れる】



デバイスタイル

Burunopasso Perfect Coffee Maker PCA-10X

実勢価格:1万9980円

タンクのお湯が沸騰してからドリップするコーヒーメーカー。お湯を沸かしながらドリップしないため、ハンドドリップのような味わい・香りが出せる。ドリップ温度は95℃。

【保温ポット式コーヒーメーカーのベストバイ】



メリタ

オルフィ SKT52

実勢価格:1万6200円

コーヒーメーカーの定番品にして、「メリタらしい香り高いアロマが楽しめる」と、識者から高評価を得ている「オルフィ」。洗いやすい保温ポットなど、細部の使いやすさが◎

【保温ポット式コーヒーメーカーのベストバイ】



命水乙部ボトラーズ

Gaivota(2L×12本)

実勢価格:3628円

北海道乙部町、姫川水系の湧き水を加熱ろ過したミネラルウォーター。性質は軟水・中性で、コーヒーの旨味がほどよく仕上がる。スペシャリティコーヒーにもマッチ。

※『デジモノステーション』2017年11月号より抜粋。

text風間拓