画像提供:マイナビニュース

写真拡大

●両さんは何体!? こち亀銅像巡りはひっそり佇む麗子像も見逃すな

日本で知らない人はほぼいないというほどの人気漫画『こちら葛飾区亀有公園前派出所』、通称"こち亀"。その舞台となっている亀有(東京都葛飾区)は、まさにこち亀とともにある街である。その銅像は増えに増えて、現在では15体。今年は早くも寒い日々となりながらも"運動の秋"と意気込み、銅像マップを片手に散策しつつB級グルメを探してみた。

○今日も両さんは元気いっぱい!

JR常磐線「亀有駅」は、西日暮里駅から乗車時間わずか13分程度の距離にある。荒川と中川に挟まれた地域の中川寄りにあり、それらの川は東京湾へと流れこんでいる。都心から向かうと電車は広々と開けた荒川の上を横切っていくため、そこから別世界に移っていくような感覚があった。

「亀有に行く」と言えば、合いの手のように「両さんの」という言葉が続く。こち亀は、昭和51(1976)年より『週刊少年ジャンプ』(集英社)で連載が開始され、2016年9月に幕を閉じたという長寿漫画だ。亀有はその舞台であり、作者である秋本治さんの出身地でもある。そんなわけで2006年に第一号の銅像「両津勘吉像」が建立されたのだが、その活動の中心になったのは商店街と神社であるというから面白い。ちなみに、この神社(亀有香取神社)にも両さん像が設置されている。

建立された銅像は、2017年現在で15体。7つの商店街と神社にまんべんなく設置されている。ベンチに一緒に座って写真を撮れる両さん像から、麗子や中川圭一といったメインキャラの像などもあり、いずれも個性的だ。全てを制覇するためには、駅の改札口で「両さん銅像めぐりマップ」を入手しよう。

○北口にはあの交番も!?

北口にある銅像は5体。第一号「両津勘吉像」は探すまでもなく目の前に登場する。これは人間と同等の大きさだが、その他の像の中には意外と小さいものもあるため、見逃さないようにしたい。

北口には、漫画の中で見たことのあるような交番や「亀有公園」もある。特に交番は、街の再開発でも「これは残してほしい」という人々の声から取り壊さず、そのまま今も使われているという。

いざ歩き出せば、マップを片手に歩く人は予想以上に多い。外国人も多い。「シャッターを押してくれ」から始まるプチ国際交流もできてしまう。誰もがマップ内の狭い範囲をウロウロと歩き回っているため、何度も同じ人と出会うこともある。

○南口は銅像ラッシュ!?

南口には10体の銅像がある。どの角度がインスタ映えするか、などと考えながら撮っても面白いかもしれない。

香取神社の向かいにあるショッピングモール「アリオ亀有」3階には、「こち亀ゲームパーク」がある。派出所を再現し、両さんの机の引き出しやロッカーの中まで見ることができる。立ち寄ってみよう。

これだけ歩けばおなかもすく(と言っても1時間程度で巡れる距離ではあるのだが)。歩きながらサクッと食べられるグルメをいくつか紹介しよう。

●亀有メンチは牛も豚! "なべぶた"の正体は!? 亀有グルメもやっぱりこち亀風

○秋の味覚を大福で!? 「フルーツ大福」

時の流れで街の様子は40年前の連載開始時とは違い、それほど下町風情は感じられない。しかし、食べ歩きで立ち寄った店の人々の人懐こい雰囲気に、下町っぽさが生きているような気がした。

まず、元祖栗どら焼きの店「するが」で見つけたのは、生のフルーツが入った大福「フルーツ大福」だ。いちご大福は度々見るが、ここで販売されているのはメロン、マスカット、キウイ、パイン、みかん、洋梨など。今回は秋らしい「柿」(税別285円)をチョイス。

店内には古そうなモノクロ写真が多数飾られている。店員さんは「写真は昭和初期みたいに見えるけど、実は昭和40年くらいの開店でそこまで古くない」と笑っていた(いえ、十分古いですよ!)。

○「なべぶた」って何!?

同じく「するが」で見つけた「なべぶた」(税別100円)。何かと思えば、"生チョコ入りのサブレ"なのだという。いわゆる円盤状のソフトなサブレで、間にチョコを挟んだものだった。もちっとした食感が新しい。

●information

するが

東京都葛飾区亀有3-25-1

○激ウマ! サクふわメンチカツ

駅前に多数ある商店街でもっとも下町らしいと感じられたのは、「ゆうろーど」の内、アーケードとなっている一角だ。その中にある「亀有メンチ」はメンチカツ専門店。しかも、オーソドックスな「亀有メンチカツ(豚肉)」(税込170円)、「亀有牛メンチ(牛肉)」(税込190円)のほか、チーズ、シソ、紅生姜、カレー、味噌、バジルなど、多彩なメンチカツが並んでいる。今回は、豚と牛を食べ比べてみることにした。

●information

亀有メンチ

東京都葛飾区亀有3-32-5

○亀有地域限定! 「両さんのお菓子」

だんご屋で、だんごのショーケース以外がこち亀三昧となっている店を発見した。焼きだんごの「伊勢屋」だ。「両さんどら焼き」(税込160〜200円)、「両さんサブレ」(税込540円)、さらには「両さんめんこ焼き」(税込640円)などが並んでいる。ここでは、両さんどら焼き(栗どら)と両さんめんこ焼きなるものをゲット。果たして、めんこ焼きとは何だろうか。

●information

伊勢屋

東京都葛飾区亀有3-32-1

実を言うと筆者は「こち亀ファン」というほどのものではないのだが、「これがあの交番か」などと、いくらか感慨深い心境になった。銅像や登場スポットを探してみるのは面白く、こち亀ファンであればさらに「ここは漫画に出てきた」という場所を見つけることができるだろう。

亀有(葛飾)まで来たのなら、映画『男はつらいよ』の舞台であり下町として知られる、フーテンの寅さんの「柴又」も訪れてみてはいかがだろうか。こち亀からさらに古い時代の昭和を思わせる街並みがあり、下町散策は秋の休日にぴったりくるはずだ。年代を超えたハシゴ街歩きも楽しいかもしれない。柴又レポートは、「寅さんの街・柴又で食べ歩きをしたら、懐かしい気持ちでいっぱいになった」をご参照あれ!

○筆者プロフィール: 木口 マリ

執筆、編集、翻訳も手がけるフォトグラファー。旅に出る度になぜかいろいろな国の友人が増え、街を歩けばお年寄りが寄ってくる体質を持つ。現在は旅・街・いきものを中心として活動。自身のがん治療体験を時にマジメに、時にユーモラスに綴ったブログ「ハッピーな療養生活のススメ」も絶賛公開中。