近日リリース予定のiOS11.1は、現行のiOS11.0.3と比べてバッテリー駆動時間が最大4時間ほど延びる、とiDeviceHelpが伝えています。

2.5時間〜4時間の改善

iOS11はiOS10の約2倍のスピードでバッテリーが減少することが判明していましたが、次回リリース予定のiOS11.1ではこの問題が解消されているようです。
 
iDeviceHelpは、現行のiOS11.0.3と開発者向けに公開されているiOS11.1 beta 4のバッテリー駆動時間の比較テストをiPhone6 Plus、iPhone7 Plus、iPhne8 Plusの3モデルで実施しました。
 

 
テストでは標準時計アプリのストップウォッチ機能を使い、バッテリーが0になるまでのタイムを測定、その結果iPhone7 Plusでは2.5時間、iPhone6 Plusでは3時間、iPhone8 Plusでは4時間ほど駆動時間が延びていることがわかります。
 
もちろんバッテリー駆動時間は使い方次第で大きく変わりますが、iOS11.1では現行iOSほどバッテリー持ちを気にする必要はなくなりそうです。

iOS11.1はiPhone X発売に合わせてリリースされる見込み

なお、iOS11.1では他にも数百種類の新絵文字の追加、3D Touchを利用したアプリ切り替え操作復活、またApple Pay Cashの個人間送金機能もテスト中だと報じられています。
 
iOS11は、iPhone Xの発売時期に合わせてリリースされる見込みです。
 
 
Source:iDeviceHelp via 男子ハック
Photo:Apple
(kotobaya)