V・ファーレン長崎を率いている高木琢也監督【写真:Getty Images】

写真拡大 (全2枚)

経営危機の発表直後、監督がキャプテンに伝えた一言

 4月から株式会社ジャパネットホールディングスのグループ会社として再出発し、現在3位とJ1昇格を射程圏内に捉えているJ2のV・ファーレン長崎。今春には経営危機の問題が浮上したクラブだが、快進撃の要因はなんだろうか。クラブ発足以来長崎を追い続けるライターが、その舞台裏を解き明かす。(取材・文:藤原裕久)

----------

 開幕前に「V・ファーレン長崎がJ1自動昇格圏を争う」と話したとして、信じる人はどれだけいただろう? 2月にクラブの経営危機とコンプライアンス問題が表面化し、一時は存続も危ぶまれたクラブが、Jリーグでのクラブ最多勝点記録を更新し、名古屋、福岡といったJ1からの降格組と互角の戦いを繰り広げているのだ。信じろという方が難しい。

 この予想外の躍進について多くの人は、クラブがジャパネットホールディングスのグループ会社となり、高田明社長を迎えたことの影響を理由にあげることだろう。

 確かにジャパネット体制となってからクラブは変わった。クラブ消滅の危機は去り、スタジアムのムードも明るくなり閉塞感もなくなった。こういった変化のおかげで安心して戦えるようになったことは、間違いなくチームの大きな後押しとなっている。

 だがプロの世界は実力というベース無しに走り続けられるほど甘いものではない。どれほどジャパネットグループの支援という後押しがあったとしても、リーグを戦い抜くだけの力がなければプロの世界で躍進はありえない。そして、その力を培った裏側には、高木監督の強い覚悟と周到な準備、そして選手たちの積極的な取り組みがあった。

「現場は俺が守るから、お前らは何も心配するな」。2月8日の夜、クラブが経営危機を発表した直後、一報を知った高木監督は、キャプテンの村上祐介に連絡を入れそう伝えたという。

 この時点でクラブから現場の人間には何も伝えられていない。そんな中、メディア報道で選手たちが事実を知るようなことになれば、チーム内に動揺が走ることは免れられなかったろう。

 このとき、監督のいち早い対応がなければ今の躍進があったかはわからない。当時を知る人物は、このときの素早い対応についてその背景に監督の覚悟があったと指摘する。後にクラブは、経営面以外でも複数の問題が露呈していくこととなるのだが、以前からクラブ内の微妙な空気感は現場でも感じることが多かったとされ、監督契約の更新に際して、高木監督も熟慮した上で、相当な覚悟をもって続投を決めている。

例年以上に高木監督が配慮した「一体感作り」

 それだけに監督の「現場を守る」という思いは例年以上に強かった。事実、今季の高木監督は例年以上に選手やチームの一体感作りに配慮した。

 誕生日を迎える選手がいればケーキを準備し、居残り練習では個別指導を行ない、練習中に率先して手を叩いてムードを盛り上げるなど、徹底的にチームを守る姿勢を崩さなかった。それがチームを例年以上に強くまとめあげ、リーグが進むほどその結束力をチーム力へと変える原動力ともなっていた。

 こういった、覚悟や一体感がチームにとってメンタル面でのストロングというならば、戦力、戦術としてのストロングが周到な準備と継続性だ。今季の開幕までに16名の選手が入れ替わってスタートした長崎だが、これらの新戦力は単純な選手能力だけを考慮したものではない。

 これまでも長崎の補強はチームへの適応性も重視してきたが、今季は幸野志有人、古部健太ら復帰組をはじめ、監督自らスペインで確認して獲得を決断したファンマ、2014年から獲得を希望してきた澤田崇、以前にも高木監督の下でプレーしたことがある福田健介などその傾向がより強くなっている。

 これに加えて監督の下で長くプレーし、そのスタイルを熟知する前田悠佑、郄杉亮太、古部健太、チームのまとめ役でもある村上祐介、若手の信頼が厚い養父雄仁といったベテラン陣の存在がチームの融合を推し進めた。

 それが結果として「若手とベテランのバランスが良い(養父雄仁)」というチーム作りにつながり、ここに高木監督のチームマネジメント能力と選手たちの奮闘が加わったのが今季の特徴となったのである。

コーチ陣の動きも含め、トレーニングでは効率化に着手

 伝統のハードワークをベースに、昨季からの取り組む攻撃スタイルの継続を目指した今季、チームは早めにメンバーの固定化を進め、ファンマ・澤田崇・飯尾竜太朗・島田讓・増田卓也らの戦術理解を集中的に高める一方で、好調な選手を積極的に起用。

 これによって、新戦力が軒並み活躍するだけでなく、翁長聖・中村慶太・田上大地・北谷史孝・吉岡雅和ら若手の台頭も進み、主力陣に故障者が出ても戦力を落とさずに戦える層の厚みも生まれていった。

 それでもクラブの運営引き継ぎ先を巡って先行きが不透明となった4月中旬には3連敗を喫してしまったが、ジャパネットによる新体制となった4月末からは徐々に安定感を取り戻している。

 もちろん全てが順調だったわけではない。5月の千葉戦では0-5の大敗を喫し、7月、8月も上位との対戦で苦戦することもあった。トレーニングにおいても同様で、特に夏場はオフ明けのトレーニングに選手たちが上手く対応できないことも多かった。

 そんなとき高木監督はトレーニング内容や強度を細かく調整し、選手たちもそれに応えていくことで、徐々にチーム状態を安定させ、調子の波を小さくしていったのである。

 またトレーニングでは事前準備や、コーチ陣が移動時に迅速に行動するといった効率化にも着手。質を落とさずに負担の軽減や時間短縮を推し進めた結果、故障者の復帰もスムースに進むようになり、致命的に選手が足りないという状況をほとんど迎えずに戦えるようになったのだ。

 このトレーニング時間の短縮は、居残り練習を行う選手の数が大きく増やすことにもつながり、選手同士の相互理解を深める効果ももたらしたのである。

 こうして状態を上手く整えることができたチームは、スカウティング能力に定評のあった高木監督のもとで勝点を積み重ね、7月の松本戦、8月の福岡戦、9月の徳島戦といった勝負所の試合を制し、7月からは一度もJ1昇格プレーオフ圏内から落ちることなく上位をキープ、J1自動昇格圏を争うまでに躍進した。

「ここからだよ。やってやりますよ」(高木琢也監督)

 ジャパネットデーと銘打たれた10月に行なわれたJ2第38節で、長崎は結果こそドローながら圧倒的戦力を誇る名古屋相手に優勢に戦いを進め、今季最多12,923人の入場者の前で実力をアピールすることに成功した。

 4月にジャパネットホールディングスという強固な経営母体に支えられ、高田明という希代のカリスマ経営者を社長に迎えたことで、今の長崎には良い風が吹いている。

 だがどれだけ風が吹こうとも、その風を受ける帆がなければ船は進まないように、ジャパネットがどれだけ風を送り込んだとしても、現場に受ける力がなければJ1昇格の可能性は広がらなかったはずだ。

「まだ何も終わっていないけど、よくここまで来たと思うよ……」。先日、高木監督は波乱の中で始まった今季を振り返り、少し感慨深げに呟いた。それは全てを賭けてチームを守ってきた指揮官の素直な呟きだったろう。

 だが次の瞬間、「でもね、残り試合……まだ俺は上げていくよ。選手にもそう言った。ここからだよ。やってやりますよ」と力強く言葉を続けた。

 残り少ないリーグ戦、チーム内には上位の驕りも、不安へのプレッシャーも感じられない。トレーニングではいつものように、高木監督の指示の声が飛び、コーチ陣が小走りで次のトレーニングの準備を進め、選手たちはこの時期にこの順位で戦えることに充実感を覚えている。気負う空気はどこにもない。

「ゼイワン(J1)へ行こう!」高田明社長の声に応えるように、今、チームは笑顔で戦えている。それもまたシーズン前には誰にも信じてもらえないことだろう。

(取材・文:藤原裕久)

text by 藤原裕久