中国、海外メディア歓迎と強調 主要イベントには一部招待せず

写真拡大

[北京 25日 ロイター] - 中国の習近平国家主席は25日、外国人記者らに中国各地を訪問して報道を増やすよう促し、海外メディアを歓迎する姿勢を示した。

ただ、中国外国人記者クラブ(FCCC)によると、中国は5年に一度の共産党大会を受けた新たな最高指導部人事の発表イベントに、海外メディアの英BBC、エコノミスト、フィナンシャル・タイムズ(FT)、ガーディアン、米ニューヨーク・タイムズ(NYT)の5社を招待しなかった。

ロイターの記者は2人招待された。

習主席は、中国や海外の記者団を前に「われわれは記者に中国各地を訪問し、知識を深め、中国のさまざまな側面を報道し続けるよう奨励する」と述べた。

また「他者から称賛される必要はないが、客観的な報道や建設的な見解を歓迎する」と語った。質問は受けなかった。

習政権下で中国はインターネットや市民社会を巡るさまざまな側面に関する検閲や取り締まりを強化しており、メディア監視団体によると、海外メディアの中国での報道環境はここ数年に悪化している。

FCCCは海外のニュースメディアが除外されたことを批判した。

エコノミストとFTの北京支局長は中国側から招待がなかったことをロイターに確認した。NYTの広報担当者は、申請したが招待されなかったと明らかにした。

BBCは声明で「習主席の記者会見への出席を拒否されたことに失望している。BBCは引き続き、中国に関して公正で客観的な報道を行っていく」とした。

ガーディアンは、同社が招待されなかったことに言及した記事を掲載した。