24日、環球網は中国語を話す外国人に対して中国人がどのような反応を示すか紹介する記事を掲載した。資料写真。

写真拡大

2017年10月24日、環球網は中国語を話す外国人に対して中国人がどのような反応を示すか紹介する記事を掲載した。中国の力が増すにつれてますます多くの人が中国語を学ぶようになっており、海外に開設された孔子学院の数は昨年末時点で512(140カ国・地域)に上ったという。

記事は米国のQ&Aサイト「Quora(クオーラ)」に出現した「中国語の話せる外国人に中国人はどんな反応を見せる?」との質問を取り上げた。ネットユーザーからの回答で多かったのは「中国語が上手ですね(という言葉が返って来る)」だそうだ。

具体的なコメントを見てみると、現在、中国に留学中のカナダ人男性は友人の言葉として「外国人が中国語を話すと周りにいる中国人は全員が何らかの反応を示す。小さな女の子はクスクス笑い、警察官ですら表情が柔らかくなる」と説明。一方、フランス人の女性は「『中国語が話せますか?』と質問する中国人に中国語で『少しだけ』とでも返事をすると、相手はその外国人を中国人と同じように見なして会話を始める。中国語のレベルに関係なく中国人はコミュニケーションを取ろうとし、若者は『どこから来たの?』『中国で何してるの?』『何か困ったことはない?』って尋ねてくる」とコメントしている。

さらに、イタリア人の男性は「外国人の風貌をした人が中国語らしい単語を話したら中国人は『中国語が上手ですね』的な反応を示すという答えが多いが…」とした上で、「これは驚いているのではなく、外国人にリラックスした気分になってもらうためではないか」と指摘。男性は「中国人のこういう反応は外国人が積極的に会話することを促してくれるし、その努力を認めるということでもある」ともつづっている。(翻訳・編集/野谷)