今季2勝目を挙げた上田(撮影:鈴木祥)

写真拡大

「マスターズGCレディース」の最終日は台風のため中止となり、初日から着実にスコアを重ねて3日目でトップに立った上田桃子が今季2勝目、ツアー通算12勝目を手にした。
ドレス姿やプライベートフォトも満載!「女子プロ写真館」
5月の中京テレビ・ブリヂストンレディスオープンで今季初優勝を飾った上田だが、その後、トップ10入りは何度も果たしながらなかなか優勝へ結びつけることができなかった。そのため、上田は今季初勝利時から一部のクラブを変更。具体的にいうと使用パターを替えた。
従来は2ボールという大型マレットタイプを使用。多少のミスヒットでもフェース面がブレることなく、真っすぐ打ち出すことができるタイプで、どちらかといえば振り子のようにストロークする人に合っている。しかし、今回使用したパターは、ヘッドが細長いブレードタイプ。フェースを開閉する、いわゆる通常時のスイングに近い形でストロークし、マレットタイプに比べればタッチが出しやすいモデルだ。
この点をキャロウィゴルフ担当者に聞いてみると、
「確かに以前は『オデッセイ 2ボール』というマレットタイプを使っていましたが、いろいろ迷っているようだったので、もともと使用していたブレード型を試してもらいました。すると、こちらのほうがフィーリングが合いやすいということでしたね。マレットタイプだとミスに強くなりますが、ショートパットで右に押し出してしまい外すシーンも一部見られました。ブレードタイプはヘッドを開閉して球をつかまえるぶん、右に押し出すことは減ります」(キャロウィゴルフ担当者)
タッチが合いやすくなったことで「パットのフィーリングがよくなった」と語った上田。パットに形なしとはいうが、悩んだ末に決断したうえでストロークの感覚を取り戻したベテランが、土壇場で賞金女王争いに加わってくる可能性は十分にある。
【上田桃子のクラブセッティング(WITB=Whats in the Bag)】
1W:GBB EPIC STAR(9.5°、Tour AD TP-6/SR、45インチ)
3W:キャロウェイX-HOT(15°、Tour AD TP-6/SR)
5W:キャロウェイX-HOT(19°、Tour AD TP-6/SR)
4UT:タイトリスト816H1(23°、Tour AD SF-6/S)
6UT:タイトリスト816H1(27°、Tour AD SF-6/S)
6I〜PW:キャロウェイAPEX FORGEDアイアン
ウェッジ:キャロウェイX FORGEDウェッジ (50°、54°、60°)
PT:オデッセイWHITE RIZE iX #1 SH
ボール:CHROME SOFT X
<ゴルフ情報ALBA.Net>

畑岡奈紗とのマッチレースで引き出された上田桃子の“攻めのゴルフ”【辻にぃ見聞】
「少なくあがった人が勝ち」上田桃子が“新境地”開拓で短期決戦制す
宮里藍のラスト試合決まる… 盟友・上田桃子と有村智恵の思い
最新ウェッジ試打レポート! 小技の達人・丸山茂樹の言うとおり
小平智のエースドライバーヒビ割れ事件を考える。耐用年数は今後短くなっていく!?