これ駅で見たことある!階段を昇れる台車が買えちゃいますよ!

写真拡大 (全6枚)

駅の階段を歩いていると、ピコーン、ピコーンという音、たまに聞きますよね?
そう、重そうな荷物を運んでいるあの台車の音。正式名称は「電動式階段運搬車」といい、段差があるところでもスムーズに荷物を運べる便利な台車です。このたび、駅以外で見かけることはなかった“あの台車”が、一般販売されることになりました!

ユニークな製品を発売するサンコーから登場したのは「電動階段のぼれる台車」。その名の通り、階段をボタン1つで昇り降りできる電動の台車です。

台車の背面にある走行ベルトは、キャタピラのような凸凹と滑りにくいゴムが付いているので、階段の段差でもラクに昇り降り可能。使用するときは、走行ベルトを倒して角度をつけ、階段に走行ベルト全体が接するように倒しながら進みます。もちろん平地でも使用でき、一般的な台車と同じように手押しで荷物を運べるのがポイント。

ハンドルの高さは3段階で調節可能。自分の高さに設定すれば、屈まずとも立ったまま階段を移動できるので、腰にも負担はかかりません。

操作は昇るボタン、降りるボタンを押すだけ。また、動作はボタンを離せばその場で停止する安全設計。女性でも簡単に操作でき、力がなくても楽に運搬可能です。

大きさは、中型の手押し台車サイズ(耐荷重約300gの折りたたみ手押し台車)より少し小さく、小回りもきくのでマンションなどの細い階段でも頼りになります。最大積載量は160kg。ビール瓶ケースやペットボトルなどの飲料からタンスや机、冷蔵庫や洗濯機などの大型家電もこれで安心。電源はバッテリー式のコードレスタイプで使用時間は約80分。価格は24万8000円です。

>> サンコー「電動階段のぼれる台車」

 

(文/&GP編集部)