画像提供:マイナビニュース

写真拡大

●Bitcoin価格上昇の本質とは?

ビットコイン(Bitcoin)分裂騒動が落ち着いてから1カ月ほどが経過した今年2017年9月上旬に、中国がBitcoinを含む仮想通貨の国内での一斉取引規制を打ち出したことで大きな混乱が生じている。この動きを受けて一時Bitcoinは大幅な下落を見せたものの、現在では落ち着きを取り戻しただけでなく、むしろさらなる価格上昇の途上にある。

かつて、中国国内でも最も早い段階の2011年に交換所を設立し、規制が始まった9月30日にそのすべての取引を終了したBTCC (旧BTC China)創業者兼CEOのBobby Lee氏が米ネバダ州ラスベガスで開催されている金融会議「Money20/20」に登壇し、その背景と中国におけるBitcoin規制の実際について語った。

まず同氏が強調するのは、現在もなおBitcoin価格は上昇を続けており、以前の2013年末にピークを記録した際の水準から比較しても現時点で5倍の価格になっていることを強調した。

実際、Bitcoinは一定期間上昇傾向を続けた後、何らかのイベントで一気にその勢いが加速し、ピーク到達後の売り圧力増加や(規制やトラブル発生などの)何らかのイベントとともに急落し、再び上昇曲線を描くという動きを過去何度にもわたって繰り返してきた。前回の分裂騒動や今回の中国政府による規制についても、そのイベントの1つでしかないというのが同氏のスタンスだ。

そしてBitcoin価格上昇の本質について、中国での視点からいえば決済や個人間取引などインフラとしての活用よりも、純粋に投資目的または価格上昇によるキャピタルゲイン狙いでの取引がほとんどであることを述べている。つまり、価格上昇を見込んで中国国内の投資家(個人も含む)の資金をBitcoinが吸い上げ続けているという構図になる。この動きは特に中国で活発であり、Bitcoin価格急上昇の震源地であり、そのドライバーであることを示唆している。

これはジョークの意味も込めたスライドだが、「Bitocin投資時における4つの間違い」の内容に、中国人のBitcoinに対する考えが込められているともいえる。

●中国政府は仮想通貨を規制した理由とは?

4つの間違いは次の通り。「1. 投資に優柔不断である」「2. 購入量が十分ではない」「3. ちょっとした上昇ですぐに売却する」「4. 下落のパニックで売却する」。煽り文句が順番に並んでいるが、つまり「買わない奴やすぐ売る奴はBitcoin投資で成功しない」という、現状のBitcoinにおける価格上昇を見ての同氏ならびに中国人の買い煽りキャッチフレーズとも呼べる。

さて、こうした情勢のなか、なぜ中国政府は仮想通貨やICO (Initial Coin Offering: 新規通貨発行による資金調達)の規制に乗り出したのだろうか。さまざまな理由が挙げられているが、その実際は不明な部分が多い。

ただ確かなことは、前述のように一種の驚異的なブームでバブルのような状況が醸成されていたこと、通貨発行権を持つ中央政府の制御を離れていること、リスクに対して未知数なこと、そして中国政府自身による発行が噂されるBitcoin型のデジタル通貨と競合する可能性など複合要因にあるようだ。そのため、取引そのものを規制して仮想通貨を国内から締め出してしまおうという流れになったと推察される。

このように、中国国内では規制によりBTCCを含め仮想通貨が表立って扱われなくなったが、昨今の継続的な価格上昇にみられるように、今後もなおBitcoinは生き続けるというのはLee氏の意見だ。同氏によれば、現在も中国国内でBitcoinマイニングは続けられており、取引所は個人単位の取引または海外に移管されたという。

実質的に、中国国内でのBitcoinは地下に潜った形となり、その需要とともに受け口が海外にスライドした形だといえる。また現在もなお価格上昇が続いている理由について、Bitcoinが中国政府によってその価値や法的根拠が保証されているわけではなく、その外で取引が続いていることに起因すると述べている。

一方で、今後"政府お墨付き"の仮想通貨(またはデジタル通貨)が登場し、それが利便性などの面でBitcoinを上回ったとき、初めてその存在価値を毀損する可能性にも言及している。つまり、Bitcoinそのものは規制と無縁であるものの、規制の内側で育った競合がBitcoinの利便性を上回った段階でその価値が見直されることになるという考えだ。