汗をかけないと冷え性に⁉ 汗と体の密接な関係

写真拡大 (全2枚)

汗をかける派?かけない派?

「全然汗をかけない…」というあなた。もしかすると、筋肉量が足りなくて、脂肪が多いからかも。そうだとすると、うまく体温が上がらなくて汗が出ないのです。また筋肉が少なく脂肪ばかりだと、自律神経が乱れて冷え性に。心当たりがあるなら、まずは、筋肉量を上げる努力をしましょう!

反対に、「めちゃくちゃ汗かいて、いつもスッキリ!」というあなた。トレーニング後、ダラダラかいた汗はシャワーで流しておしまいですか?それはそれで気持ちいいけれど、それはもしかすると、本当の“心地よい汗”はかいていないのかもしれません。

どちらの場合も、いい汗をかくのに大切なポイントは、トレーニング後の過ごし方だったのです。

“汗をかく”のは体の維持のため

運動をして、筋肉が動くと、血の巡りがよくなります。すると体温が上がり、皮膚から熱を蒸発させて、体温を下げるために出るのが汗。これは、体の状態を安定させるために人間に備わっている、“ホメオスターシス”というシステムです。

ちなみに、汗の成分は99%が水。他に、乳酸、塩化ナトリウム、タンパク質などでできています。運動など筋肉を動かして出る汗を「温熱性発汗」と呼び、食事などの刺激で出る汗を「味覚性発汗」、感覚的な刺激を受けて送る「精神発汗」と、汗にもいろいろあります。

本当に“心地よい汗”をかくに必要なこと

まず、「汗をかけない!」という人は、前述のように、筋肉量を上げましょう。そのままだと深刻な冷え性になってしまう恐れが。それでも、激しい運動は苦手!という人は、ストレッチやヨガなど、軽い動きからチャレンジしてみましょう。特にヨガは、自分の体重を使って筋肉を鍛える運動。だから、無理なく筋肉がついてきます。

いつも汗はたくさんかいている!という人は、トレーニング後をチェック。終了後、どう過ごしていますか?多くのトレーニングでは、交感神経が優位に立地、内臓が興奮しています。激しいトレーニングが終わってそのまま過ごしていると、自律神経のバランスが取れていない状態が長く続いてしまうのです。

トレーニングの最後には、徐々に筋肉を休める動きを入れるのを強くオススメ。それによって副交感神経を作動させて、強弱をしっかりつけるのです。

例えば、ランニングの後にストレッチをする場合は、ヨガのように深い呼吸をしながらやってみる。呼吸が整ってきたら、マットの上に寝そべって、完全に休息してしまうのもアリです。

この時重要なのは、深い呼吸を意識すること。副交感神経が徐々に刺激され、自立神経が整い、汗も収まっていきます。ここまですべてできて、本当の“心地よい汗”がかけるというわけです。

汗は、あなたの健康のバロメータで、健康をつくるシステムそのもの。上手に付き合うようにしたいですよね。

 

ライター:三上あずさ
出展『Yogini』vol.43「体の循環のバロメータ? 汗とヨガの関係」
監修:石井正則先生/JCHOメディカルセンター耳鼻咽喉科部長。スタジオ・ヨギー公認インストラクター)