早実・清宮幸太郎【写真:Getty Images】

写真拡大

ドラフト左右するウェーバー制、事前に理解しておきたい「抽選&選択順」は?

 NPBのプロ野球ドラフト会議が今日26日、午後5時からグランドプリンスホテル新高輪で行われる。高校通算111本塁打を放った早実・清宮幸太郎内野手が大注目を浴びるが、ファンにとって事前に理解しておきたいのが、希望選手の選択順だ。2巡目以降に加え、清宮で競合した場合の抽選順も事前に決まっている。

 まず、1巡目は「入札抽選」で行われる。全球団が希望する選手名を同時に提出し、単独の場合は交渉権が確定。重複した場合は抽選が行われる。毎年、悲喜こもごものドラマが起こるクジ引き。注目したいのは抽選順だ。「球団順位の逆順(ウェーバー方式)」と規定されており、今季の交流戦で勝ち越して優先権を持つパ・リーグの下位から順にクジを引く。

 今年、競合が確実となっているのが清宮。前日までにソフトバンク、阪神、ヤクルトが1位指名を公表したが、仮に3球団だけの例で言うと、セ6位のヤクルト→セ2位の阪神→パ1位のソフトバンクの順になる。

 ウェーバー順で最後になるセ1位の広島は、すでに広陵・中村奨成捕手の指名を公表しており、ソフトバンクは他にどれだけ指名球団が増えても“残り物に福”を信じて最後に残った1枚を引くことになりそうだ。

 ちなみに、運命の「選択希望選手」の読み上げもロッテからになる。

2巡目1番手は“実質ドラ1ダブル獲り”が可能に? 今年はどんなドラマが…

 2巡目はウェーバー制を採用し、順番に指名する。1番手はパ6位のロッテ。ドラフト1位に次ぐ13番目にあたる選手を指名でき、惜しくも12人から漏れた即戦力級の“実質ドラ1ダブル獲り”が可能になり、優位に。反対にセ1位の広島は2巡目は25番目になる。今年の選択順は以下の通り。

<2巡目選択順>ロッテ→ヤクルト→日本ハム→中日→オリックス→巨人→楽天→DeNA→西武→阪神→ソフトバンク→広島

 以降、3、5巡目はセ1位の広島から、4、6巡目はパ6位のロッテから交互に各球団の選択終了まで指名していく。

 1巡目の抽選は運に左右されるが、順番によって最初から当たりクジが残っていない可能性もある。2巡目以降は選択順により、指名したかった選手を直前に他球団に獲られることも起こり得る。当然、他のテーブルの動向を睨んで決断しなければならず、難しい選択の連続となるだろう。

 清宮によって例年以上に大注目を浴びているドラフト会議。果たして、今年はどんなドラマが起こるのか。すべてのプロ野球ファンが楽しみに待っている。