中国人観光客がインドネシアの空港で受託手荷物を盗まれたとして、中国大使館が注意喚起している。資料写真。

写真拡大

2017年10月24日、中国僑網によると、中国人観光客がインドネシアの空港で受託手荷物を盗まれたとして、中国大使館が注意喚起している。

在インドネシア中国大使館は先日、インドネシア空港で受託手荷物を盗まれないようにと注意喚起した。あるSNSアカウントがインドネシア空港で撮影した映像を発表したが、空港スタッフが受託手荷物から一部の物品を盗み出している様子が捉えられている。

大使館は現金、貴重品は機内持ち込みにすること、受託手荷物も鍵をかけるなど警戒するよう呼び掛けている。(翻訳・編集/増田聡太郎)