THE YELLOW MONKEYの吉井和哉、菊地英昭、廣瀬洋一、菊地英二が25日、東京・六本木で開催中の『第30回東京国際映画祭』内でおこなわれた、映画『オトトキ』の舞台挨拶に、映画で監督を務めた松永大司氏も登壇した。

 映画『オトトキ』は2016年に再結成したTHE YELLOW MONKEYの復活劇から、2004年の解散、そして復活を決意した彼らの素顔を追ったドキュメンタリームービー。全国42公演のライブツアーや2017年初のライブステージ、過去の映像やメンバー・関係者のインタビューなどで描かれる。

 吉井は「平均年齢50の男たちが音楽、ロックを仕事にしている男たちの葛藤が垣間見れると思いますし、キーワードは家族というものになっているような気がします」と映画の内容をアピールする。

 一方で広瀬は「洗いざらいというか丸裸、まるっとリアルにドキュメントされている感じ。結構見てて撮られている感じもあったけど、何でもいいっていうか、全部出しちゃえって状況でした」と撮影されている際の思いを振り返る。

映画『オトトキ』舞台挨拶で一コマ。イエモン菊地は松永監督(左端)に親しみを込める

 菊地(昭)も「勝手が違うので、手と足が両方同時に出ちゃうような感じがありましたが、結構なところまで見せているので、何でもありかなという気持ちでいます」とコメント。さらに広瀬はこの映画を機に写真チェックもかなり甘くなってきていることを認め「この映画で、変わったかもしれないですね、僕らも。その垣根の部分が」と一つの転機になっていることを明かす。

 一方で一年間、ライブの際などほぼ常に同行した松永監督は「身内にならないようにというところの中で、いろんなところに自分が入り込まないようにするのが本当に大変でした。本当に好きになっていっちゃって」と撮影の苦労を明かすが、そんな松永監督に菊地(英)は「最初の段階からスッと入って来ちゃうんですよ。僕らも撮られ慣れてるつもりでも、カメラが向くと構える姿勢あるけど、監督はそれを忘れる不思議な力を持っていて」とリスペクトを語りながら「うちのおふくろにご飯を出してもらったくらい。家族だと思っているから」と親しみを込めたコメントを贈る。

 さらに吉井は、松永監督のヘアスタイルをもじって「こころを開きすぎて、監督と同じカツラにしちゃった」「庭にある巣かと思ったら監督だった」とイジリ倒す場面も見せ、笑いを誘っていた。【取材・撮影=桂 伸也】