ネットでクルマが買えるオンラインストアもオープン

 9月のフランクフルトモーターショーで電動コンセプトカーの世界初公開モデルを大量出品し、話題をさらったメルセデス・ベンツ。ここ東京でも前回よりブース面積を拡大し、4ブランド21モデルを出品するという入れ込みようを見せた同社は今回、アジアプレミアとなる「EQ A」、「GLC F-CELL」、「スマート・ビジョンEQフォーツー」、そして「メルセデスAMGプロジェクトワン」の4台を、フランクフルトに続き一挙上陸させた!

 最初にメインステージに現れたのは、EV専門ブランド「EQ」のコンパクトモデル「EQ A」。文字どおりEVのAクラスに位置付けられるこのコンセプトカーは、拡張可能なバッテリーコンポーネントによりシステム出力を200kW以上まで高められる2つのモーターとフルタイム4WDシステムを搭載。搭載するバッテリーによって異なるというものの、満充電からの航続距離は約400kmを確保している。

 次に姿を見せた「GLC F-CELL」は、ミドルサイズSUV「GLC」をベースにFCV(燃料電池車)化。さらに燃料電池とプラグインハイブリッド化することで、外部からの充電による100%EV走行を可能にした。水素燃料タンクの容量も4.4kgを確保して、水素のみのNEDE航続距離は473kmを達成している。なお、大型リチウムイオンバッテリーによるEV航続距離は49kmだ。

 EVの得意分野であるシティコミューターとして作られた「スマート・ビジョンEQフォーツー」は、シェアリングや自動運転、コネクティビティに対応。全長×全幅×全高=2699×1720×1535mmの極めてコンパクトなボディには、大人2が快適に過ごせる室内空間と、周囲とのコミュニケーションを可能とするブラックパネルグリル、LEDディスプレイ、内側から情報を投影し表示できる特殊コーティングが施されたサイドウィンドウが装着されている。

 また、前後1つづつのモーター、30kWhの充電式リチウムイオンバッテリーを搭載したほか、充電方法は通常電源、ウォールユニット、非接触充電のいずれにも対応。急速充電ステーションでは、10分足らずの充電で航続距離を100km延ばすことができる。

 プレスブリーフィングの最後にメインステージ上でヴェールを脱いだ今回の主役、F1で培ったテクノロジーをほぼそのまま採用したミッドシップスーパースポーツ「メルセデスAMGプロジェクトワン」は、電動アシストターボチャージャーを1つ搭載する1.6リッターV6ガソリン直噴ハイブリッドエンジンをミッドに搭載。

 さらにフロントアクスルに120kWのモーターを2基装着することで、トルクベクタリングを可能にしながら、最高出力1000馬力以上、0-200km/h加速5秒台、最高速度350km/h以上の超高性能を実現している。

 プレスブリーフィングの最初と最後に登壇したメルセデス・ベンツ日本の上野金太郎社長はさらに、インターネット上で車両購入の決済まで完了できる「メルセデス・ベンツオンラインストア」を、この10月25日にオープンしたことを発表した。

 ここでは第一弾の商品として、「SLC 200」のMT車、ジャパンプレミアの「スマート・フォーフォー・クロスタウンリミテッド」および「スマート・ブラバス・フォーフォー・キャンバストップリミテッド」の3モデルがオンライン限定で販売される。

 また、2011年に世界で初めて”クルマを売らないショールーム”としてオープンし、累計650万人が来店した「メルセデス・ベンツコネクション」を、「メルセデス・ミー・ストア」に改称。同じく10月25日より、東京・六本木および大阪・梅田の拠点をそれぞれ「メルセデス・ミー東京」、「メルセデス・ミー大阪」としてオープンしたことを同時発表している。