「腹黒い女性」はマイナスイメージだけじゃない!? 男性が感じている“3つの印象”

写真拡大

「腹黒キャラ」で過ごす女性を見かける機会があります。表面上は可愛らしい女性でも、心の中では思っていることが全く違う姿を見せる女性のことですね。

チヤホヤされるには「ぶりっ子」になるべき? 男を振り向かせる“あざとテク”の真相

腹黒キャラでいればモテるかも? なんて、考えている女性も少なくないかもしれませんね。

そのような腹黒キャラの女性のことを男性はどう見て、どう感じているのでしょうか。3パターンご紹介します。

1. 近づくな、危険!

表面上では読めない、心の内が黒いという女性、なかなか男性にはばれにくいと思われていますが、それでも勘の強い男性はいるものです。

筆者は男性脳を持っていると言われたことがあり、表面上のことを信じてしまうことで腹黒キャラにまんまと引っかかり、痛い目を見たことがあります。

勘の良い男性は「可愛らしいだけの女性ではないな」と気がつき「近づくな、危険」と思いますよ。

頭では言葉や態度とは真逆のことを考えていることもありますから、男性としても面倒なことには巻き込まれたくないと思っています。

腹黒キャラですから、女性としてはそのキャラを作り出しているつもりでも、心のどこかで腹黒な部分がある、ということを探られてのことで、男性としては深く関わりたくないと思ってしまうのです。

2. はっきりしていて好感が持てる

腹黒キャラは、腹黒な部分も表面上にチラッと出しているからこそ、腹黒キャラだと認識されます。

男性から見ると、分かりやすい性格をしていて、はっきりとした言葉や態度に好感が持てると思っている場合もあります。

人には二面性があるものです。そして日本人には本音と建前があります。

言葉に出したことを本気で思っていないこともある、そんな自分を隠していないと受け止められていますよ。

腹黒の部分がはっきりとしているから、見ていて気持ちいいものです。

ウジウジしている、言いたいことも言えないで“察してちゃん”になっているよりは男性も付き合いやすく、対処のできる範囲だとも言えますね。

意外に女性の中でもサバサバに近い、女性らしくない女性だと受け止められているのかもしれません。

3. 無理しているのかな

どのキャラにも言えることですが、自分のことを、キャラ設定をして人と接していることは「無理をしている」と男性に受け止められてしまう可能性があります。

本来の自分の姿を出すことができない、腹黒キャラという自分を作り上げることで本音を人に伝えられているといった具合ですね。

自分を表現することが苦手なのか、腹黒キャラを表している相手のことを苦手としているのか、それはもしかすると自分のことも苦手だと思われているのだろうか、と感じています。

中にはそれで寂しいと思っている男性もいるかもしれませんね。

普段の女性がどのような人間なのか、キャラを作っている人でも時々は自分をさらけ出す瞬間があった方が人間的でいいですよね。

キャラだとわかった瞬間に心配されるようならば、きっと腹黒キャラで過ごしている女性としては不本意な思いをしてしまいます。

それ以上に男性は無理をしている、またはさせているのではないかと探ってきますので心当たりのある方はご用心を。

女性の腹黒キャラははっきり言ってモテません。

正真正銘の腹黒ならモテますが、キャラという中途半端な場合には男性に探られて終わりですよ。

腹黒キャラでいる女性が気になる男性はいますが、それは女性としてや恋ではありません。その女性の人生や生活について注目をしてしまう、ということですからね。

もし、これから腹黒キャラを目指そうかなという女性がいたら、そもそも腹黒というのはイメージが悪いものなのですから、ぜひ避けていただきたいものです。

判断に迷ったなら、男性にどのように腹黒キャラは見られているかをこちらの内容を参考にして再び確かめてくださいね。

素敵な女性を目指して、確かな判断を下しその先の幸せをぜひ掴みましょう。

(ライター/春森 桜)