五感で体験する“魔法の授業”って? 話題の探究系学習塾「探究学舎」の人気の秘密

写真拡大

日本の教育が、2020年に向けて大きな変化を迎えているのをご存じでしょうか。

“東大脳”に育てるには12歳までがカギ! ”普通のママ”でもできる子どもを「高学歴」に導く言葉がけ

その改革のなかでも、これからの時代に対応できる力として『21世紀型スキル』というものが注目されています。

文部科学省が発表した資料によると、情報創造力、批判的思考力、問題解決力、コミュニケーション力、プロジェクト力、ICT活用力などが、必要なスキルと言われているのです。

今注目の「探究系」教室ってどんなもの?

では、その力をどうやって育てていけばいいのでしょうか。

そのひとつの方法として誕生したのが、「探究系」の学習塾です。

たとえば、自分で課題を見つけ、その解決策を考える。テーマを決めて、様々な角度から切り込み、学んでいく。既存の「教科」にとらわれず、好奇心の赴くまま、深く広く探究していく……など、これまでの受験を目的とした進学塾とは異なる、まったく新しい学習塾です。

なかでも、三鷹市にある「探究学舎」は “子どもが夢中になる魔法の授業”として注目されており、夏休みなどに開催される短期講習は、すぐ満席になるほどの人気講座となっています。

はたして、どんなふうに探究していくのか。探究学舎の人気の秘密を、2日間にわたってじっくり体験してみました。

算数なのに歴史!? 始まりは古代エジプトから

今回参加したのは、夏期講習のひとつ「算数図形編」。小学4年生から中学生までを対象としたもので、図形の魅力をとことん探究していく2日間のプログラムです。

参加者は小学3年生から中学2年生までの全31人。関東近郊だけでなく、神戸や京都といった遠方からの参加者もいました。

初日の授業は朝10時半から。自己紹介と図形クイズで和気あいあいとした雰囲気になった後、先生の話は突然、古代エジプトの世界へ飛びました。

「え、算数なのに歴史?」と思う方もいるかもしれませんが、これが図形の魅力を紐解く、大きなカギだったのです。

「公式だから」は通用しない

探究学舎の特徴のひとつが、「公式をうのみにしない」こと。

たとえば、円の面積を求めるには、「半径×半径×3.14」という公式を、学校で教わります。でも、なぜこの公式になるのか。大人でも、スラスラ答えられる人は少ないでしょう。

探究学舎では、「なぜ、そうなるのか」を徹底的に考え、ひとつひとつ体験し、納得しながら進んでいきます。

一般的な算数の授業であれば、「長方形の面積は、底辺×高さ」で終わるところですが、探究学舎の授業は違います。

「昔の人は、どうやって畑の広さを測ったのか」

という問いから面積の求め方につなげていきます。

「図形の起源は、古代エジプトの畑の計測からだった」ということをここで子どもたちは初めて知ります。さらに数人のグループになって話し合いをし、自分たちなりの回答を見つけていきます。

今回の講師を務めるのは、探究学舎の代表でもある宝槻泰伸先生。

「自分で何が分かっていないかを知って、それを考えていく」がモットー。生徒たちに「どうしてこうなるの? 納得いく説明をして」と、何度も問いかけている姿が印象的でした。

カルタやゲームで高校数学を学ぶ

古代エジプトの「図形の起源」から始まったこの講座では、2日間にわたって、様々なアプローチで図形や算数を学んでいきます。教わっている子どもたちは、自分がどれだけ高度なことを習っているかという自覚はありません。

先生が次々と展開していく図形の話に魅入られて、どんどん新しいことを追求していきます。

街に出て電信柱の長さをはかる!

探究学舎の授業は多岐にわたり、教室内だけに留まりません。時には屋外に出て、街にあふれている「算数」を見つけます。

今回は、角時計(ゴニオメーター)を使い、電柱の高さを測る挑戦をしました。ここで使うのが、習ったばかりの三角関数。小学生たちは、「サイン、コサイン、タンジェント」の歌を楽しみながら歌い、高校数学で習う公式を応用していきます。

1日で円周率60桁を暗記!

保護者として講座を見学して思ったことが、「子どもののせ方、テンションの上げ方がうまい」ということ。1日数時間もの長い授業時間を飽きさせないよう、考えるだけでなく、手を動かし、バトルやゲーム、クイズ大会といった楽しい要素がたくさん盛り込まれています。

先生からのチャレンジやゲームでは、グループどうしでポイントを競い合うため、結束が高まり、仲間同士で助け合う場面も見受けられました。

そのひとつが、円周率暗記バトル。円周率1000桁が書かれた紙が渡され、短時間でどれだけ暗記できるかを競うものです。みんな手元のプリントを見て、ものすごい集中力で数字を覚えていきました。

朝10時半から16時半までとかなり長いように思えた2日間ですが、いざ始まると、あっという間に感じられました。なんと図形の発明に始まり、最終的には、三角関数や円錐の体積といった高校数学にまで到達してしまったのです。

けれど、参加した子どもたちも、見ていた親も、ものすごく難しいことを勉強しているという気持ちにはなりませんでした。

図形をとことんまで追求していったら、そこまで行きついてしまったというのが正直なところ。これが、探究学習のおもしろさなのだと感じました。

今秋からは土日の短期講座もスタート

探究学舎では、長期休暇のほか、平日にも同様の内容で通年制の講座を開催しています。また、遠方で毎週通えない人向けには、土日限定の講座も今秋よりスタートしました。

今回の「算数図形編」は小学4年生からが対象でしたが、ほかの講座などは小学生全学年が対象で、未就学児も参加しているそう。

大人気の「戦国シリーズ」のほか、「宇宙編」「元素編」「生命進化論」「人類進化論」といった魅力的な講座がラインナップされており、複数講座を受ける生徒も多いそうです。

また、進学塾に通いつつ、探究講座の講座を並行して受けている生徒もいます。

こうした、探究学舎で実践している学習方法は、今後ますます需要が高まっていくと予想されます。

これからの時代、技術が発達し、ネットでなんでも情報が入るようになったからこそ、「自ら考える」力というものが、改めて必要とされるからです。

だからこそ、保護者としては、勉強や学習方法についての悩みはつきません。

「これまでの学習方法でいいの?」「受験用の勉強だけではなく、もっと子どもが自ら考える勉強をさせるには?」

お稽古でもない、受験勉強でもない探究学舎で得られる体験は、子どもに考えることの楽しさや、新しいことを知り、さらに探究していくことの喜びを教えてくれる、大きなきっかけとなりそうです。

<参照>探究学舎