10月6日午前6時40分ごろ、JR中央線国立駅(東京都国立市)近くの線路内を男性が歩いているのを、西国分寺〜国立間を走行中だった下り列車の運転士が発見し、停車。その後、男性は駅員に保護されましたが、中央線が約30分間運転を見合わせ、上下19本・約1万5000人に影響が出る事態となりました。朝の通勤時間帯を直撃した迷惑行為に、SNS上では「迷惑な話です」「線路内で散歩すんな」「さすがに賠償請求すべきでは」などと怒りの声が上がりました。今回は、線路に立ち入ることの法的問題について考えます。

往来危険罪や威力業務妨害罪の可能性

 外井法律事務所の鹿野智之弁護士によると、線路内に故意に立ち入った場合は刑事上、鉄道営業法37条違反で1000円以上1万円未満の罰金(罰金等臨時措置法2条3項、刑法17条)が科される可能性があります(新幹線の場合は新幹線特例法3条2項により、1年以下の懲役または5万円以下の罰金)。

 また「鉄道もしくはその標識を損壊し、またはその他の方法により、電車の往来の危険を生じさせた場合」には、往来危険罪(刑法125条1項)に問われ、2年以上の懲役を科される可能性も。往来の危険の「危険」について判例は「汽車または電車の脱線、転覆、衝突、破壊など、これらの交通機関の往来に危険な結果を生ずるおそれのある状態をいい、単に交通の妨害を生じさせただけでは足りないが、脱線等の実害の発生が必然的ないし蓋然的であることまで必要とするものではなく、実害の発生する可能性があれば足りる」としています。

「今回のケースは、線路脇を歩いて『単に交通の妨害を生じさせた』だけであれば同罪には問われませんが、運行に必要な設備を壊したり、レール上に寝込んだりした場合のほか、線路脇を歩くことで、カーブなどでの急ブレーキによる脱線といった実害が発生する可能性があった場合には、同罪に問われる余地もあるでしょう」(鹿野さん)

 さらに、電車を止めたことで鉄道会社の業務を妨害していることから、威力業務妨害罪(刑法234条)で3年以下の懲役または50万円以下の罰金に問われる可能性もあります。

 なお、過失の場合でも、前述のように往来の危険を生じさせれば、過失往来危険罪(刑法129条1項)により30万円以下の罰金を科される可能性も。

 民事上は、不法行為(民法709条)として、JR東日本から損害賠償請求をされる可能性があります。

男性は酒に酔っていたというが…

 この男性は当時、酒に酔っており「何をやっていたか分からない」と話したそうですが、仮に酒に酔っていても上記のペナルティーを科されるのでしょうか。

 鹿野さんによると、刑罰は程度に応じて不処罰や減軽となる可能性がありますが(刑法39条)、その判断は慎重になされるとのこと。また、民事上の不法行為責任は、故意または過失により、その能力を一時的に欠いたに過ぎない場合には免れることができません(民法713条)。酩酊の場合、そのような状態まで飲酒したこと自体に少なくとも過失があるとされることが多く、今回のケースも責任を免れないと考えられます。

 今回の一件では、19本が遅れ、約1万5000人に影響が出ましたが、JR東日本としては、振替輸送費や乗車券払戻金、一時停止損害金などが発生すれば、それが損害となるため、不法行為に基づく損害賠償請求(民法709条)が可能です。通勤ラッシュ時間帯で振替輸送の人数が多ければ、数百万円規模の損害賠償もありえます。

 ちなみに過去の裁判例では、平日夕方の時間帯に酔っ払った人が線路内に転落、進入し、電車が急ブレーキをかけた事案で、振替輸送費約110万円、払戻金約3万5000円、一時停止損害金7000円の計約114万円を損害として認めたものや、平日夕方に線路内に立ち入って衝突死したことにより、上下20本に2時間程度の遅れが発生したケースで、振替輸送費約500万円のほか、旅客対応にかかる人件費などを含む計約700万円の損害発生を認めたものもあるそうです。

(オトナンサー編集部)