「eスポーツ」とは、コンピューターゲームの対戦をスポーツとして見なす場合の名称だ。2019年には世界における市場規模が13億6000万ドル(約1547億円)にのぼると試算され、世界のトップ選手は3億円前後の賞金を稼ぎ出している。アメリカでは1回の賞金総額が20億円規模に達するというビッグイベントも開かれるほどだ。

 この世界で、アメリカに次いで存在感を増しているのが中国である。世界のeスポーツ選手通算賞金ランキングサイト『E-sports earnings』を確認すると、世界トップ20位のうち9人は中国人(2017年10月22日現在)。ここでも中国の台頭はいちじるしい。

世界ランキング10位。ハンドルネーム「iceice」こと李鵬氏(22)。ゲーム賞金で2億円以上も稼いだ。『liquipedia』より


 だが、コンピューターゲームには「遊び」「不健康」といったイメージもつきまとう。ならばお堅い中国当局がこうした文化を許しているかというと・・・。実は2015年2月25日、中国共産党中央機関紙『人民日報』海外版は「eスポーツに対して2つのロジックを明らかにせねばならない」という論説記事を発表し、大いに肯定的な立場を明らかにしている。

 同紙はこの記事中で、eスポーツが「青少年に有益なデジタル娯楽体育活動」であり、「プレイヤーに公平性・競争性と仲間との協力」を知らしめて「体育精神・社会規則(の遵守)・道徳教育・審美教育・智力開発」などに則するとベタ褒め。従来のコンピューターゲームの悪い評判はあくまで周辺環境の悪さによりもたらされたもので、青少年を良好な監督下に置けば大丈夫であると述べている。

 ゼロ年代の半ばまでは「コンピューターゲームは青少年に悪影響」と主張することが多かった中国当局が手のひらを返したのは、やはりeスポーツ市場の拡大が理由だろう。また、習近平政権は記事掲載前年の2014年からイノベーション立国を標榜しているため、こちらの影響もあると思われる。

 近年はアリババ・テンセントなどの国内IT最大手が続々とeスポーツ界に参入。ほか、中国ナンバーワンの大富豪・王健林の息子の王思聡が5億元(約86億円)の投資をおこなうなど、非常に熱い分野となっている(なお、王思聡については過去記事「『おぼっちゃま』問題で頭が痛い中国の創業社長たち」も参照されたい)。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

大真面目に取材に答える「eスポーツ専攻」担当者

 こうした時代の趨勢を受けて、中国教育部(文科省に相当)は2016年2月、高等教育施設(短大や専門学校・大学等)のカリキュラムの一環として「eスポーツ活動と管理」専攻を新たに含めることを通達した。各学校が自由に専攻を決められる日本とは違い、中国は専攻のおおまかな学習内容が国家で管理されている。すなわち同専攻の登場は、当局の対eスポーツ政策を反映したものということだ。

 関連報道によると、全国でeスポーツ専攻の設置一番乗りとなったのは内モンゴル自治区のシリンゴル職業学院。今年9月に入学した第1期の新入生たちは、大草原のなかに島のように浮かぶ小さな街の専門学校で、『リーグ・オブ・レジェンド』や『DOTA2』といった有名ゲームを中心に、eスポーツ知識の習得や実践に励むこととなった。

内モンゴルのシリンゴル盟の郊外。ゲームよりも現実の風景のほうが冒険感にあふれている気がするのだが。2015年8月、筆者撮影


 2016年9月8日付けの『新京報』が、シリンゴル職業学院eスポーツ専攻の学生獲得責任者で内モンゴルeスポーツ協会会長・李愛龍氏の談話を報じている。以下、筆者がそれを再編集した内容を紹介することにしよう。

――専攻としての目的はeスポーツの選手育成か、業界で働く人材育成のどちらなのでしょうか? 

李:eスポーツ選手の最も脂が乗る時期は16〜23歳くらいですからね。この年齢を過ぎると、選手の反応力や新しいものの吸収力、脳と身体を連動させる能力はすべて下がります。

 中国の専門学校生の卒業年齢は若くても22歳ですから、卒業時にはすでに選手としては最適の時期を過ぎてしまいます。ですので、専門学校で「選手の育成」は難しいですね。むしろ本専攻では、eスポーツの実況中継者、コーチ、戦術分析家などの人材育成に重きを置いています。

 本専攻はひとまず、2年間の中専(日本の専科高校に相当)する課程を設けます。1年生にはまず、「eスポーツ発展の歴史」「eスポーツとは何か?」といった理論を学んでもらいます。今後は大専(専門学校に相当)の3年課程も設ける予定です。

ある学校(シリンゴル職業学院とは別)のeスポーツ専攻の授業風景。教育機関内部の風景とは思えない写真だ。『網易体育』より


――しかし、eスポーツの実践の時間が不足するのはよくないのでは?

李:流行するゲームは変わりますから、うちの学生はeスポーツ業界全体について学ぶべきだと考えています。例えばeスポーツ実況者で言えば、いつ画面を切っていつリプレイを流すかといったスキルは、ゲームが違っても相通じるものですからね。

――教材はどうするんでしょうか。

李:現在の最大の課題は教材がないことでして。教材をどう作るか、カリキュラムをどうするかはゼロからのスタートです。現在、『リーグ・オブ・レジェンド』の4つのクラブと提携しています。教材は動画形式のものがメインで、だいたいの方向は定まりましたが具体的には調整が必要です。

――教員はどうするんです?

李:教員に学歴は必要ありませんが、eスポーツを正確に理解していることは必須ですね。省レベルのチャンピオンや一流クラブのコーチなどはぜひ教員になってほしいところです。

 2017年6月の『21世纪経済報道』によると、eスポーツ専攻ではシリンゴル職業学院が新入生70人、他に四川電影電視学院が新入生100人の入学を予定。また中国伝媒大学と同校南広学院でもそれぞれ40人と20人の入学を予定しているらしい。教員は20〜30代がメインとのことだ。

 ちなみに中国教育部は、eスポーツ専攻を「体育」系の学問カテゴリーに入れているほか、eスポーツ自体も2003年から国家体育総局(スポーツ省)の管轄下にある。身体を動かさないのに「体育」とは違和感も覚えるが、中国ではもともと象棋(中国将棋)や麻雀、果てはトレーディングカードゲームの『マジック・ザ・ギャザリング』も国家体育総局マターで「体育」扱いをされている。いわゆるマインドゲームは中国では体育なのだ。

『マジック・ザ・ギャザリング』のカードの一例(左は繁体字版だが、簡体字版も存在する)。中国ではコンピューターゲームもトレカゲームも「体育」である。筆者所有カードより


eスポーツ競技選手、「虎の穴」体験を語る

 上記のシリンゴル職業学院はeスポーツ業界関係者の人材育成がメインのようだが、もちろんこれとは別に選手育成機関も存在する。こうした施設の運営元は企業が多く、むしろ金銭を支払って選手を囲い込み、大会に備えさせるシステムらしい。

 筆者は以前、広東省深セン市にあるインターネットゲーム(ネトゲ)廃人村を取材したことがあるのだが、この村の元住人で23歳の譚茂陽氏(関連記事)は『リーグ・オブ・レジェンド』の達人で、2014年ごろに選手育成機関に所属した経歴の持ち主でもあった。そこで譚氏に、中国のeスポーツ選手養成機関の実態について尋ねてみた。

――どういう施設だったんですか?

譚:場所は上海。住居は8人1室の住み込みの寮を準備されて、オフィス内に特別に設けられた訓練室でゲームのトレーニングをやらされていた。選手たちは数グループに分けられていて、1グループあたりの人数は7〜8人くらい。ほかに補欠もいた。グループごとにコーチがいて、戦術を決めて俺たちに実行させていたな。

――他のメンバーはどんな人たちだったんです?

譚:若い男ばかりで、女はいなかった。俺は中卒なんだが、他のやつらも学歴は高くなかった。ただのゲーム好きばかりだよ。オンラインゲームのサーバー上のランキング上位のやつにスカウトが来るんだ。

――訓練は1日にどのくらい?

譚:全体トレーニングは1日8時間、その後に5〜6時間が自己訓練時間として割り振られていた。訓練は午後から始まって、あとは夜中まで続いた。

――私が小学生の頃は「ゲームは1日1時間」なんて言われたものですが、逆に8時間以上のプレイが必須なわけですね。

譚:うん。ただし、施設内でも長時間過ぎるプレイはNGになっていた。一定の睡眠時間を必ず取るように指示されていたからだ。他にも規律は厳しかったぞ。禁酒・禁煙は当然。あと、風邪を引かないように自己管理を徹底しろと言われていて、風邪を引いたら罰金だった。

――風邪は不可抗力だと思うのですが、罰金ですか。ブラック施設だ・・・。

譚:飲食物にもずいぶん注意したっけ。下痢や胃痛になればゲームに差し支えるからな。

――報酬っていくらぐらいだったんですか?

譚:人による。スター選手は数百万元(数千万円以上)の年俸で契約していたが、俺はそこまでいかなかったから安いよ。月額になおして5000元(約8万6000円)だった。

中国のeスポーツ・ナショナルチームの面々。華やかな彼らもかつては地獄の訓練施設で鍛えられていたのだろうか


――それでも一般労働者より高い月収です。譚さん自身、もともと深センの電子ガジェット工場の現場ワーカーだったわけですから、5000元はかなりいい稼ぎだったんじゃないですか。

譚:まあ、俺はその後で起業に失敗したうえ、ネットバカラにハマって借金漬けになったから、当時のお金は残ってないんだけど(笑)。ただ、たしかに報酬はよかった。

――なんで辞めちゃったんです?

譚:管理がキツすぎたんだよ。もともとゲームが好きだったのに、ちっとも楽しく思えなくなってきて。苦痛だから辞めちまった。

 巨額のカネが動く中国のeスポーツ業界だが、選手たちはタイガーマスクの「虎の穴」ばりのスパルタ施設で養成されているのだ。施設の運営元は、近年の中国で人気を集めているネット配信テレビと提携しており、ゲーム実況動画の配信でがっつり利益を上げている。

 今年4月、アジアオリンピック評議会は2022年に中国で開催予定のアジア大会において、eスポーツを正式なメダル協議種目とすることを決定。この決定には中国IT大手・アリババの系列企業であるアリスポーツが大いに噛んでいるという。

 近未来感にあふれすぎた新スポーツ種目。その世界は、いまも中国で日々拡大中なのである。

筆者:安田 峰俊