観光客に大人気の江ノ電は今年115周年を迎えた(写真:ニングル / PIXTA)

今年9月1日、”江ノ電”の通称で親しまれている江ノ島電鉄が鉄道開業115周年を迎えた。同路線が、藤沢から片瀬(現・江ノ島)の営業運転を開始したのが、115年前の1902(明治35)年9月1日であり、当時、「小町」と称した鎌倉までの全線が開通したのは、その8年後の、1910(明治43)年11月4日のことになる。

江ノ電は、観光路線として全国的な人気があるだけでなく、115年という長い歴史を持つことから、湘南エリアにおける近代の歴史・文化の一端や、湘南の風景そのものを形づくってきたともいえる。本稿では、鎌倉に生まれ、昭和40年代後半に鎌倉高校に通い、現在も鎌倉市在住の一級建築士、三浦元さん(60)にご協力いただき、三浦さんが当時撮影した写真と思い出話をもとに、高度経済成長に伴って開発が進み、大きく変化した時代の江ノ電沿線風景を振り返ってみたいと思う。

最も変化したのは海沿いの風景

三浦さんが鎌倉高校に入学したのは1972(昭和47)年4月、卒業したのが1975(昭和50)年3月だ。この間、家があった材木座から和田塚駅まで歩き、鎌倉高校前駅まで江ノ電を利用して通学した。当時、父親が持っていたカメラ「ニコマート」を借りて、学校の休みや、ときには通学途上に江ノ電を撮影したという。


七里ヶ浜駅手前の行合橋付近を走行する100形。単行車両100形は「タンコロ」の愛称で親しまれた(撮影:三浦元 昭和48年3月29日)

当時と今を比較し、江ノ電沿線で、最も大きく風景が変化したのはどの辺りかと尋ねると「稲村ヶ崎から七里ヶ浜あたりの海沿いを走るエリアの沿線風景ではないか」という。

たしかに1973(昭和48)年3月に、七里ヶ浜駅付近の「行合橋」のたもとから撮影した写真を見ると、建物はほとんど見られない。この時代、七里ヶ浜の住宅地の分譲はすでに始まっていたものの、現在の七里ガ浜高校の敷地には「七里ヶ浜ホテル」があり、その裏手には、「柴崎牧場」という牧場があって、牛がいたというから、ずいぶんと牧歌的な風景が広がっていたのだ。

ところで、七里ヶ浜駅と稲村ヶ崎駅の間の区間は、カーブの多い江ノ電にしては珍しく、長い直線が続き、電車のスピードも出る。この辺りを「ホテル下の直線」というそうだが、ここでいうホテルとは、今ある鎌倉プリンスホテルのことではなく、かつて存在した七里ヶ浜ホテルを指す。

三浦さんが1973(昭和48)年に、”タンコロ”の愛称で親しまれた100形電車を撮影した写真の背景には、七里ヶ浜ホテルと、隣接する海水プールとをつなぐ歩道橋が写っている。当時、海水プールには、沖合からポンプで海水を引き込んでいたといい、プールの営業も七里ヶ浜ホテルが行っていたようだ。


七里ヶ浜の海岸沿いを走る100形。電車の背後に七里ヶ浜ホテルと海水プールへの歩道橋が見える(撮影:三浦元 昭和48年3月27日)

この七里ヶ浜ホテルと海水プールに関しては、情報が少なく、謎が多い。1957(昭和32)年に開業したのは確かなようだが、いつまで営業していたのかなど、ネットで検索しても、確かな情報が出てこない。

西武鉄道が運営していたらしいことがわかったので、西武鉄道に問い合わせると、1972(昭和47)年7月の社内報に、「七里ヶ浜ホテルほかホテル運営を西武不動産へ業務移管」したという記載があることがわかったが、それ以上の情報は見つからなかった。三浦さんが撮影した1974(昭和49)年夏の写真を見ると、プールサイドに万国旗が飾られているのが確認できるから、この夏はおそらく営業していたのだろう。七里ガ浜高校の創立年などを考えれば、この頃に営業を止めたのだろうから、もしかすると、この夏が、最後の営業だったのかもしれない。


海水プールに万国旗が見え、営業している様子がうかがえる(撮影:三浦元  昭和49年夏)

さらに、海岸国道が有料道路で、料金所のゲートがあったのも、七里ヶ浜付近の当時と今の風景が、大きく異なる点だ。料金所の位置は、稲村ヶ崎方面から走ってきた電車が七里ヶ浜駅に向かって陸側にカーブしはじめる、その付近にあったようだ。

最近、観光地に入る車に課金する制度「観光マイカー課金」の候補地として、京都とともに鎌倉が選ばれたことがニュースになった。同制度については、今のところ「制度化の時期は未定」ということだが、もしかすると将来的に、かつてのように、鎌倉への入場ゲートが復活する可能性もあるかもしれない。

藤沢地上駅の名残

このほか、昭和40年代後半に大きく変化した江ノ電沿線の風景といえば、1974(昭和49)年6月に、それまで、当時の国鉄藤沢駅に隣接して地上にあった江ノ電の藤沢駅を、新築した江ノ電百貨店(現在は、小田急百貨店)2階へ移動したことが思い浮かぶ。これに伴って、石上駅―藤沢駅間の線路高架化工事も行われた。


藤沢駅南口と北口をつなぐ地下道は、この場所にあった「開かずの踏切」を昭和37年に閉鎖後、40年8月に完成。この扇状の階段の上に江ノ電の駅舎があった

この一連の工事により、国鉄、小田急と江ノ電の乗り換えの利便性は失われたものの、それと引き替えに、現在、藤沢駅南口ロータリーとして整備されている空間が確保されたのだ。

実は、江ノ電藤沢駅が地上駅だった時代の名残をとどめるものが、現存するので見に行ってみよう。JR藤沢駅南口を出て、大船駅方面に50mほど行ったところに、東海道線の線路下を通り、北口方面に抜ける地下道がある。この地下道に向かって下りる扇状の階段の上に、かつて、江ノ電藤沢駅の駅舎があったという。つまり、この扇状の階段は、北口方面と江ノ電の藤沢駅、さらに国鉄、小田急の藤沢駅をつなぐ動線だったのだ。

また、駅移設が完了する1年前の1973(昭和48)年6月に、石上駅付近で、三浦さんが撮影した写真を見ると、石上駅〜藤沢駅間の高架工事に関連する興味深い風景が写っている。


石上駅と藤沢駅の間で撮影。手前に線路が撤去された跡が見える(撮影:三浦元 昭和48年6月9日)

踏切を通過する電車の手前に、撤去した線路の跡が見えるが、これは、高架工事を進めるに当たり、西側の道路上に仮の線路を敷設し、従来の線路を撤去した跡なのだ。

この後、撤去した線路上に、デパート2階の新駅へ続く高架線を敷設し、最後に、仮の線路を撤去して工事完了となった。

ちなみに、高架を上る勾配の都合で、工事に際して、石上駅の位置を従来より80mほど江ノ島寄りに移設したという記録も残っている。

車両に関する思い出は?

三浦さんに、江ノ電の昔の車両に関する思い出も話してもらった。

「鎌倉駅には、現在はゴールデンウィークなどの混雑時にしか使われない5番ホームがあります。私が高校に通っていた頃は、2番線と呼ばれていましたが、だいたい、長野県の上田電鉄から来た800形が、このホームに留置してあったのを覚えています。この車両は時々しか出番がなかったようですが、たまに駅にいないなと思ったときには、使われていたのでしょうね」


この頃、鎌倉駅の2番線に留置されていた800形(撮影:三浦元 昭和48年3月27日)

この800形という車両が、江ノ電にやってきた理由は、当時の江ノ電を取り巻く時代背景と密接に関連する。

江ノ電前社長の深谷研二氏の著書『江ノ電10kmの奇跡』(東洋経済新報社)によれば、昭和30年代後半に、押し寄せるマイカーブームや、東京オリンピックに備えての周辺地域の道路整備が進み、バスの優位性が高まったことなどから、江ノ電の利用客が減少し、廃線の危機に陥った。具体的には、1963(昭和38)年4月には、「ついに社内で、江ノ電の廃線について具体的に検討」が始まったという。

しかし、「急激に増えた交通量により地域の道路で渋滞が問題化」したことが、江ノ電の存続にとって追い風となったという。つまり、時間通りに運行される江ノ電が、再評価されるようになったのだ。


長閑さも感じる保線風景。写真左に見えるのが、湘南道路の七里ガ浜料金所だ(撮影:三浦元 昭和48年3月27日)

やがて、昭和50年代になると、テレビの青春ドラマの影響などで、江ノ電ブームが訪れ、利用者が爆発的に増えるが、その過渡期というべき昭和40年代後半は、江ノ電の利用客が徐々に増加しはじめた時期と位置づけられる。

『私鉄統計年報』(運輸省鉄道監督局)の運輸成績によれば、昭和30年代後半、江ノ電の年間利用者数は1200万人台で推移していたが、1966(昭和41)年に1176万7000人と底になった。その後、昭和40年代中頃から徐々に増加に転じ、1972(昭和47)年に、初めて1300万人台を記録する。一時的に利用者数が減ったとはいえ、他のローカル鉄道と異なり、”瀕死”の状態にまで至らなかったのが、江ノ電が復活できた大きな理由だろう。

こうした時代背景の中、乗客の増加や、続行運転の廃止により、「単行車両の出番がなくなり車両の運用が困難になること」(『江ノ電旧型連接車物語』代田良春著)に対応するための増強策として、1971(昭和46)年に上田電鉄からやってきたのが、800形2両だった。ちなみに、その前年の1970(昭和45)年には、44年に廃止になった東急玉川線(玉電)から譲り受けた600形4両がデビューしている。


江ノ電での現役引退後、東急世田谷線「宮の坂駅」隣に保存されている600形。運転席側(写真上)と、車両後部(写真下)。連結した隣の車両に移動できない構造だ(筆者撮影)

800形は、「車両寸法が長く、収容力はあったが扉が両端にあったため、乗降に時間がかかることと均等に乗れないため乗務員に嫌われ、当初は働く機会が少なかったが、中央に扉を増設してからは重宝に使われた」(『江ノ電―懐かしの電車名鑑』代田良春著)という。三浦さんが鎌倉駅構内に留置してある800形を見かけたのは、扉増設前の姿ということだ。

また、玉電から来た600形については、「腰越駅は、今も3両分しかホームの長さがなく、4両編成の場合、駅に到着しても鎌倉側の1両は扉が開きませんが、車内を通って、隣の車両に移動して降りることができます。ところが、600形は、車両の構造上、隣の車両に移動することができないため、学校の行き帰りに利用した鎌倉高校前駅で、”腰越で降りるお客様は、今のうちに車両移動しておいてください”と、しきりにアナウンスしていたのを記憶しています」と語る。昔の写真を見ながらの思い出話は、尽きることがなかった。

江ノ電「沿線散歩」の楽しみ方

最後に、三浦さん流の江ノ電沿線の楽しみ方を教えてもらった。

「踏切をジグザグに渡りながら散歩すると、裏道など、さまざまな発見があって面白いと思います。電車に乗って、ただ通り過ぎるのとは違う沿線の風景や、街のたたずまいが感じられます」という。


三浦元さんと江ノ電300形(筆者撮影)

この日も、三浦さんにお付き合いいただいて、江ノ電沿線散歩をしてみたところ、さび付いた、かつての手動遮断機の遺構があったり、小さな踏切の傍らに、高浜虚子の住居「虚子庵」の跡を見つけたりと、思わぬ発見があった。

また、当時の思い出話をききながら、山の稜線や同じ形の屋根の建物が残っていないかを手がかりに、昔の写真を撮影したポイントを探して歩きまわるのも楽しかった。懐かしさも感じられ、新たな発見もある、こうした一風変わった散歩は、とくに大人の皆さんには気に入っていただけるのではないかと思う。