ワインは血糖値を下げることがわかってきた。もちろん飲みすぎは別だが、血糖値の乱高下が肥満をはじめ、様々な生活習慣病を生み出していることがわかってきている今、お酒が体に悪いとは決して言えない。では、上手なお酒の飲み方とは? 20万人以上の臨床経験と、生化学×最新医療データ×統計データから、医学的エビデンスに基づいた本当に正しい食事法をまとめた牧田善二氏の新刊『医者が教える食事術 最強の教科書』から、内容の一部を特別公開する。 

お酒は体に悪くない
――ワインや蒸留酒は血糖値を下げる

 人種的に見ると、白人や黒人は100%、アルコールを分解するALDH(アルデヒド脱水素酵素)を持っています。

 ところが日本人は、まったくない(つまりまったくお酒を飲めない)人が4%、持っているけれど少ししかない人が40%の割合で存在します。少ししかない人は、ある程度のお酒は飲めるのですが、すぐに顔が赤くなってしまうタイプです。

 このように、欧米に比べ日本にはアルコールに弱い人が多いからでしょうか、まだまだ「お酒は飲まないほうが健康にいい」という風潮があります。医者も、何の根拠もなく「お酒は控えめに」とアドバイスするケースがほとんどです。

 しかし、私はそれには反対で、飲める人は大いに(もちろん飲み過ぎは別です)、弱い人はそこそこに、毎日お酒を楽しんだらいいと思っています。というのも、お酒を飲んだほうが血糖値が上がらず太らないというエビデンスがあるからです。

 おそらく、最初は偶然に発酵が起きたのだと思いますが、古来からどこの土地でもお酒は飲まれています。縄文人も、なんらかのお酒を飲んでいたことでしょう。その習慣を引き継ぐのは、ごく自然なことです。

 私の患者さんたちも、自分で測定した結果、ワインや蒸留酒では血糖値が上がらないこと、むしろ下がる傾向にあることを知って、安心してお酒を楽しんでいます。とくにおすすめなのがワインです。

 一方、ビールや日本酒、紹興酒などは糖質を多く含むので1杯程度にしておきましょう。

 お酒を飲むときに心配なのが悪酔いです。とくに、ALDHが少ない人が、気をつけないとすぐに悪酔いします。

 そこで、お酒を飲むときには一緒に水をとることをすすめます。水をとれば、それだけで血中アルコール濃度が低くなるからです。またトイレが近くなり、アルコールが早く排泄されます。私は、夕食時には白ワインを飲むことが多いのですが、ピッチャーで1リットルくらいの水を持ってきてもらい、がぶがぶ飲んでいます。おかげで2日酔いになったことはありません。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)