日産GT-Rの高性能モデル『GT-R NISMO』の改良新型、MY2019モデルがニュルブルクリンクの高速テストに姿を見せた。2017年の東京モーターショーで公開の噂があるが、その姿がこれだ!

 

 

フェンダーの一部にカモフラージュが見られ、より大きなブレーキキャリパーが装着されていることがわかる。他にもニスモ専用カーボン製フロントバンパーやエアスプリッターなど、より大きなダウンフォースをもたらすパーツが組み込まれている。さらに高速域でより安定した走行性能を実現するという、ニスモ専用のチューニングも施されているというから、その走行性能やいかに。

 

パワートレインは、現行モデルの3.8リッターV型6気筒ツインターボエンジンに6速DCTで最高出力は600psを発揮するが、改良新型では、アップグレードも期待できる。また、室内ではステアリングホイール、アルカンターラレザー、レカロ製シート、トリム類がリフレッシュされるという。

 

東京モーターショーでのお披露目後、2018年夏頃に2019年モデルとして発売予定だ。