「神スイング」「神ピッチング」で知られる稲村亜美/(C)AbemaTV

写真拡大

10月23日にAbemaTV内「AbemaSPECIALチャンネル」にて「おぎやはぎの『ブス』テレビ」が放送され、稲村亜美がドキリとするような自己アピールをする場面があった。

【写真を見る】露骨な下ネタ連発に稲村亜美も赤面!/(C)AbemaTV

23日の同番組では、稲村は美人の気持ちを代弁する“美人コメンテーター”として登場。たんぽぽ・川村エミコ、フォーリンラブ・バービーが自称“ブス”メンバー枠で出演した。

オープニングトークでは、バービーが「何か私、この番組趣味みたいなものです。癒やしのスポットみたいな感じで」とうれしそうに話し、スタジオが笑いに包まれる。

そして“美人コメンテーター”として登場した稲村は「今日はちょっと美人枠でいきたいなと思ってるんで」と意気込みを語るものの、自称“ブス”メンバーからは不満の声が。

それを受け、矢作兼は「稲村さんの良さは、ちょっと素人っぽさと言うか、OLっぽさと言うか(がいい)」とフォローするのだが、稲村は自ら「手の出しやすいところが売りなんで。その枠でいってるんで」とアピールし、自称“ブス”メンバーから「いいんですか? そんなこと言って」と心配される場面も。

さらに「脚汚いですよ」と言われた稲村は「傷も多々ありますけど、野球やってたんでね。評判いいんですよ、私の太ももは」と、自称“ブス”メンバーからの野次にも負けず言い返した。

トークテーマ「コレでブスとモメました!」では、川村が「美人は香水が強かったりする」と言い出し、小木博明が「確かにブスってあまり香水しないよね?」と逆質問すると、川村は「無臭で勝負ですよ。(香水は)買わないですね」と答えた。

その後、分かりやすい下ネタトークが展開し、それは稲村まで飛び火。おぎやはぎからの下ネタ攻撃を受け、稲村は顔を真っ赤にして「何も分からないです。それは分からない。何も答えられない」と困惑していた。