「Adobe MAX 2017」基調講演に登壇したアドビシステムズCEOのシャンタヌ・ナラヤン氏(筆者撮影)

業界標準のクリエイティブアプリの開発から文書管理環境、そしてマーケティングツール群を開発する企業のアドビシステムズは米国時間10月18〜20日から、1万2000人以上が参加する世界最大規模に成長したクリエイティブイベント「Adobe MAX 2017」を、米国ネバダ州ラスベガスで開催した。

初日の基調講演では、新たに開発されたアプリや定番アプリの新機能の紹介に加え、同社が取り組んでいる人工知能「Adobe Sensei」によってもたらされる未来についても、多くの時間が割かれた。

CEO(最高経営責任者)のシャンタヌ・ナラヤン氏は、アドビシステムズはアートとサイエンス、人間と機械の間に立ち、人々や企業が伝えたいメッセージを効果的に届ける方法を提供する企業であることをアピールした。そして、デジタル体験によって世界を変革していくとのコンセプトを示した。

アドビシステムズでクリエイティブ製品全体を統括するデジタルメディア事業部門担当エグゼクティブバイスプレジデント兼ゼネラルマネージャーのブライアン・ラムキン氏に、話を聞いた。

Creative Cloudとは?

アドビシステムズの主力ビジネスであるクリエイティブアプリケーションは、売り切り型で数年ごとにバージョンアップを繰り返すこれまでのビジネスモデルから、購読型のサービスへと変更された。Creative Cloudは、月額4980円ですべてのアプリを利用できるコンプリートプランのほか、人気の高い「Photoshop」や「Lightroom」などの写真関連アプリを月額980円で利用できるフォトプランも人気だ。

クラウド化以前のビジネスでは、人々に数十万円の金額のアプリ群をバージョンアップしてもらうため、派手な機能の開発に注力しがちだったという。しかし購読型になり、新機能を随時提供できるようになったほか、日々の作業を効率化させる細かい改善が可能となり、結果的に既存ユーザーにとってメリットが大きくなった。

今回のアップデートでは、10周年を迎えた、写真を取り込み加工することができるLightroomが刷新され、クラウドを介して写真データを編集、共有できるアプリへと進化した。


イラストから3Dのパッケージ画像を合成できる今回発表の新製品Adobe Dimensions(筆者撮影)

また、ベータ版として提供されてきた「Adobe XD」では、ユーザー体験を設計することができるツールが提供され、アプリやモバイルウェブなどの設計のニーズをかなえるツールとなった。また、イラストレーションなどの2Dグラフィックスを制作する現場で、手軽に3D画像のプロトタイプが作成できる「Adobe Dimensions」も正式版となった。

Creative Cloudのユーザーは、クリエイティブ環境やニーズの変化に敏感に対応し、新たな機能やアプリを投入するアドビシステムズの取り組みを、追加料金なしで利用できる点がメリットだ。そして、後述の人工知能を活かした制作環境をいち早く取り入れることができる点は、クリエイターの働き方そのものの変革に、大きな影響を与えていく。

ブライアン・ラムキン氏は、「世界をクリエイティビティで変革させるために、アプリや人工知能を提供する」とコンセプトを語っている。ツール、コミュニティ、そしてサイエンスの点でアドビシステムズは唯一の存在になっていることを象徴するビジョンといえる。

Adobe Senseiは仕事を奪わない

今年、人工知能を取り入れているさまざまな企業が必ず触れている話題は、「AIが人の仕事を奪うのか?」という議論だ。アドビシステムズはAdobe Senseiによってクリエイティブの世界を変えていこうとしているが、テクノロジー企業らしく、ポジティブに受け止め、またその姿勢を製品にも活かしている。

「Adobe Senseiには、アドビシステムズにとって、より大きな意味があります。クリエイターが表現豊かな作品をより素早く仕上げるためのクリエイティブインテリジェンスやデザインインテリジェンスを目指しています。汎用的な人工知能を作り出そうとしているのではないのです。

わかりやすい例として、これまでクリエイターが3時間かけて行っていた表現のための作業を3分で済ませるツールを提供する、ということです。結果として、クリエイターは、コンセプトやテクノロジーを用いた新しい表現の可能性に、その時間と才能を傾けることができるようになるのです」(ラムキン氏)

単純ながら時間がかかる作業をAdobe Senseiが肩代わりし、空いた時間をほかのことに使う。クリエイティブの現場においては、ツールの人工知能による進化をより豊かな表現に結びつけることを目指している、とラムキン氏は話す。

「われわれの顧客であるスマートなコミュニティからノウハウを集め、アプリを使ってもらいながら、そのつながりを強化していくことで、より多くの人に、よりスマートな製品を提供していくことを目指しています」(ラムキン氏)

クリエイター各自が持つ作品の権利や匿名性は守りながら、コミュニティ全体でのノウハウの共有と成長を進めていく。アドビシステムズのCreative Cloudの成長の方針であり、テクノロジーとアートやデザインの未来を創っていく手法、として位置付けることができる。

基調講演では、Adobe Senseiを活かしたPhotoshopの未来像を披露していた。右側の領域にAdobe Senseiのアシスタントが控えており、必要な情報を提示したり、マスク処理などよく行われる作業を提案したりしてくれる。また、「空を青くしたい」「モノクロにしたい」といった処理を声で探すこともできる。

アドビシステムズはこれまで、タッチ操作を積極的にアプリに取り入れてきたが、Adobe Senseiとの組み合わせでは、声のインターフェースを重視しているという。その理由として、高機能化しすぎたアプリの機能を簡単に見つけるための手段を提供することが目的だ。

ここでも、スマートスピーカーとは異なる文脈で、現在のテクノロジー業界のトレンドを取り入れており、アドビシステムズの独自性を表している。

「入り口としてのモバイル」の時代は終わった


10周年を迎えクラウド版となった人気写真編集アプリLightroom CC。モバイル版もパソコン向けと同じ編集能力を備える(筆者撮影)

アドビシステムズは購読型ビジネスに移行し、数年ごとに刷新されるパッケージ製品をいかに売るか、アップグレードしてもらうか、というビジネスから、いかに長くメンバーシップを継続してもらうか、というビジネスへと変化した。同時に、Adobe IDと呼ばれるアカウントをより多くの人に作ってもらい、より多くの人々をメンバーに登録してもらうことを目指すモデルとなった。

そのAdobe IDを作成するきっかけとなっているのが、モバイルアプリだ。誰もが持っているスマートフォンやタブレットを、アドビシステムズの高品質なクリエイティブ環境を手に入れるきっかけにする戦略だった。しかし、ラムキン氏から聞いた言葉は、少し異なっていた。


デジタルメディア事業部門担当エグゼクティブバイスプレジデント兼ゼネラルマネージャーのブライアン・ラムキン氏(筆者撮影)

「モバイルアプリはAdobe IDの新規登録ユーザーを集めるきっかけとして非常によく機能してきました。モバイルアプリを経由した新規ユーザーは6500万人に上ります。しかし、今回発表したLightroomのモバイルアプリは、クラウドを活用したプラットフォームとなり、パソコンのアプリに遜色ない編集作業を実現しました。

今回、月額480円でLightroomのモバイル版のみを利用できるフォトプランを新たに追加しました。パソコンでの作業はできませんが、Adobe Senseiの技術も活用した同じ品質の編集を、スマートフォンやタブレットで実現できます。

これまでCreative Cloudの入り口としてモバイルアプリを活用してきましたが、きっかけにとどまらず、モバイルだけのワークフローや、パソコン主体のクリエイターのモバイル活用という、エコシステムの拡張にも期待しています。そうした位置付けで、モバイルアプリに対する投資を行っています」(ラムキン氏)

購読型ビジネス、そしてAdobe Senseiを活用する方針へと舵を切るアドビシステムズは、クリエイターの役割やモバイルの位置付けなどを劇的な速度で変化させている。ユーザーがメリットを随時体験でき、その働き方、役割が変化している速度以上に、アドビシステムズ自身がクラウドと人工知能によって変化している。