米メリーランド州で暮らす猫のシンバは、6月に新しい家族と暮らし始めた元保護ネコだ。シンバには他のネコにはない、ある特徴があった。

それがいったい何かは、この写真を見てもらえばわかるだろう。

そう、シンバは控えめに言って“ぽっちゃり”のニャンコなのだ。引き取ったときの体重は35ポンド(約16キロ)だったという。

猫の平均体重が3〜5キロだということを考えると、いかに大きいのかがよくわかる。

▼7月に結婚したパパとママのウェディング写真でも、貫禄を見せつけた。

ハロウィンコスは幼児用

シンバのためにパパとママが用意したハロウィンコスチュームがこちらだ。

パンプキンのコスチュームだ。もちろん猫用のサイズは合わないため、ヒトの幼児用を着用しているという。

かわいらしいコスチュームだが、シンバは気に召さなかったようだ。

不機嫌さを感じ取った飼い主は、5分ほどで脱がせとのこと。

10月16日にこの写真がFacebook上で公開されると、「かわいすぎる」「これ好き」「なんてこった」「ご機嫌ななめみたいだけど、ぴったりだね」などのコメントが寄せられた。

順調にダイエット中

大きな体で大きな愛情を示してくれるシンバのことが大好きなパパとママ。

▼寝ているときは寄り添いたい

▼パパの靴が大好き

現在はシンバのダイエットに取り組んでいる真っ最中だ。

▼ダイエットのためにエクササイズ中?

8月には体重が30.9ポンド(約14キロ)を記録し、ダイエットは順調に進んでいる。