天皇杯もいよいよ佳境

写真拡大

 天皇杯準々決勝が25日に行われ、準決勝に進出する4チームが決定した。

 リーグ戦で首位に立つ鹿島アントラーズとヴィッセル神戸の一戦は、神戸が後半アディショナルタイム4分にFWハーフナー・マイクのゴールで追いつき、延長戦に持ち込んだ。しかし120分間でも決着がつかずPK戦に突入。GKキム・スンギュが1本止めた神戸が5人全員成功し、PK5-4で鹿島の連覇を阻止した。

 リーグ戦でAFCチャンピオンズリーグ(ACL)出場権を狙う柏レイソルは敵地で同2位の川崎フロンターレと対戦。FWクリスティアーノの豪快ミドルシュートが決勝点となり1-0で勝利し、2年ぶりとなる準決勝進出を決めた。

 横浜F・マリノスはホームでMF中村俊輔が先発のジュビロ磐田と対戦し、後半36分のオウンゴールにより1-0で逃げ切った。横浜FMは2大会連続の4強入りを果たした。

 週末のリーグ戦で再び顔を合わせるセレッソ大阪と大宮アルディージャの一戦は、MF福満隆貴とFW澤上竜二の得点により、C大阪が2-0で完封勝ち。6年ぶりとなる準決勝へ駒を進めた。

 なお、12月23日に行われる準決勝では、神戸とC大阪、横浜FMと柏が対戦。関西対決と関東対決を制したチームが元日決勝を迎えることとなる。

 以下、準々決勝結果と今後の日程

【準々決勝】

10月25日(水)

横浜FM 1-0 磐田 [ニッパツ]

C大阪 2-0 大宮 [金鳥スタ]

神戸 1-1(PK5-4)鹿島 [神戸ユ]

川崎F 0-1 柏 [等々力]

【準決勝】

12月23日(土)

神戸 vs C大阪

横浜FM vs 柏

【決勝】

2018年1月1日(月)

未定 14:40 未定 [埼玉]


★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!

●2017シーズンJリーグ特集ページ

●第97回天皇杯特設ページ