カップ戦2冠の可能性を残したC大阪。ユン・ジョンファン監督も選手たちの奮戦ぶりに目を細める。写真:川本学

写真拡大

[天皇杯準々決勝]C大阪 2-0 大宮/10月25日/金鳥スタ

 ルヴァンカップ決勝進出に続き、C大阪がタイトル獲得の可能性を残した。
 
 ユン・ジョンファン監督は試合後のフラッシュインタビューで、最後まで戦い抜いた選手たちに惜しみない賛辞を送った。

「今日はルヴァンカップで出ることが多かったメンバーが試合に出て、最善を尽くしてくれた。感謝のメッセージを送りたい」
 
 そして、この日の勝因を聞かれると、こう語った。

「多く走れば、チャンスを作れることを証明してくれた。少ないチャンスを決めてくれたと思う」

 試合は序盤から大宮に主導権を握られ、苦しい時間帯の連続。とりわけ、最終盤は何度も決定的なピンチを迎えた。それでも、福満隆貴と澤上竜二のゴールを守り抜き、2-0で勝ち切ってみせた。
 
 普段はリーグ戦であまり出番が与えられていない、ふたりの活躍で6年ぶりのベスト4に進出した桜軍団。「徐々に良くなっている姿が見えるし、勝ちたいという欲が目に見えてきている」と指揮官が語るチームが、さらなる勢いを手に入れたのは間違いないだろう。