「人間失格」「若菜集」「吾輩は猫である」「こころ」「三四郎」「舞姫」これら文学作品を、読むのではなく“飲む”ことで楽しむ商品が誕生しました。

「飲める文庫」名作をコーヒーの味で再現

6つの名作文学の、読後の感想を再現したコーヒーが10月27日(金)「読者の日」に販売されます。

一体なぜ、名作文学をコーヒーにしたの?

そもそも読後感を再現した味ってなに?

制作したNEC(日本電気株式会社)とやなか珈琲店(株式会社やなか珈琲)に伺いました。

1万件の読書レビューからAIで読後感を分析

NEC独自の最先端AI技術群「NEC the WISE」を使って、今までにない体験を提供できないか。

そんな思いから「飲める文庫」の商品開発が始まりました。

人とAIが(対立軸でなく)協調して新しいものを生み出すこと、人の感性をAIに理解させること、それらに挑戦できないかをテーマに様々な企画アイデアを持ち寄りました。

そのなかで、「AIの力を使って文学作品をコーヒーで味わえたら面白いのでは」となり、やなか珈琲店様のご協力のもと、今回の企画に至りました。(NEC担当者)

AIを使って1万件以上もの読書レビューを分析し、やなか珈琲店と話し合いを重ねました。

ブレンドコーヒーでの再現が可能で、味の違いが顕著になるという点を考慮し、「人間失格」「若菜集」「吾輩は猫である」「こころ」「三四郎」「舞姫」の6作品が選ばれました。

6作品飲み比べ ドリップバックセット

通常、ブレンドコーヒーは最初に大まかな味のイメージや販売価格を設定し、それにあわせて原料を選び豆を配合します。

しかしながら、今回はすでにあるイメージに、コーヒーの味を近づけていく作業となります。

かなり具体的な味の指標が提示されており、なおかつ6作品ごとの風味の違いも表現する必要がありました。通常では配合しないような豆の組み合わせも試みつつ、試行錯誤を繰り返しました。(やなか珈琲店・権藤社長)

こうして出来上がったブレンドコーヒーは、甘み・苦味・クリア感・余韻・飲みごたえの5つの要素で、各作品の特徴を表現しています。

完成したコーヒーを試飲したNECの担当者は「試飲した時は本当に感動しました。どのブレンドもAIレシピにくわえ、カップテスター様の工夫も加わり、味わいも実に素晴らしいものでした」と語ります。

読書の秋に「飲める文庫」を

「飲める文庫(正式名称はビーンパッケージ)」は、100gで950円(税込)。

やなか珈琲店の一部店舗とオンラインショップで10月27日(金)から販売を始めます。数量限定で、なくなり次第終了とのことです。

最後に、やなか珈琲店の権藤社長はこう語ります。

ぜひ小説を読み終えた後に、このコーヒーを飲んで頂きたいです。心に残った作品の印象を、味覚を通して感じて頂けたら、まさにAI技術の新しい価値と言えるのではないでしょうか。

最先端の技術を用いて作られた最高峰のコーヒーとともに、読書の秋を満喫してください。