ワクワク感をいつまでも!“Mac開封の儀”を常に感じられるロウソクです

写真拡大 (全4枚)

部屋の香りにこだわる人も増え、いろいろなアロマなどが登場しています。その中でも異彩を放つ商品が、ヴィレッジヴァンガードの販売する「新品のMacの匂いがするキャンドル」です。Apple製品好きが悶絶しそうな至極のキャンドル、もはやオシャレな部屋の香り、などという生易しいレベルを超えた真なる嗜好品。新品ガジェットをパッケージから取り出す行為を“開封の儀”と呼ぶことも多いですが、あの高揚感がニオイで感じられるわけです。

まあそんなキャンドルが昨年に登場して話題をさらったのも束の間、第2弾が到来しましたよ!

初代iPhoneの発売10周年を記念し、Macへのトリビュートとして発売された第一弾の「New Mac Candle」に対し、今回はMacがユーザーにもたらす発想力を香りによって呼び起こそうという試みの下、作られました。その名も「Inspire(インスパイア)」。なにそれ意識高そう!

さてどんな香りかといえば、ベルガモット、レモン、ヨモギをベースにした“未知の香り”が楽しめるとのこと。もう興味津々です。嗅ぐだけで仕事の効率がアップしそうというか、Mac愛好者だけでなくガジェット好きならプレゼントすると喜ばれそう。

サイズは約W110mm x D84mm、重さ約655g(中身のみ約269g)、燃焼時間は60〜70時間とのこと。ミニマルなデザインだから部屋のどこに置いても邪魔になりません。価格は4860円。ヴィレバン通販で販売予定です。

>> ヴィレッジヴァンガード「Inspire(インスパイア)」

 

(文/&GP編集部)