神戸がPK戦の末に前回覇者鹿島を下す…柏はクリスティアーノ弾で川崎を撃破/天皇杯準々決勝

写真拡大

 天皇杯全日本サッカー選手権大会準々決勝が25日に各地で行なわれた。

 前回大会王者の鹿島アントラーズはヴィッセル神戸と対戦。63分、CKの流れから昌子源のシュートが決まり、先制に成功する。このまま試合終了かと思われた後半アディショナルタイム、ルーカス・ポドルスキのクロスを途中出場のハーフナー・マイクが押し込み、神戸が土壇場で追いつく。延長戦は両チームともに得点が生まれず、決着の行方はPK戦に突入する。鹿島の3人目中村充孝のPKをGKキム・スンギュが止め、神戸がPK戦の末に17大会ぶりの準決勝進出を果たした。

 セレッソ大阪は23分、田中裕介のクロスを福満隆貴が頭で合わせ先制する。続く54分には澤上竜二が追加点を奪い、2−0で大宮アルディージャを破った。

 横浜F・マリノスは81分、遠藤渓太のクロスがジュビロ磐田DF高橋祥平のオウンゴールを誘発。この得点が決勝点となり、横浜FMがベスト4進出を決めた。

 柏レイソルはクリスティアーノの強烈なミドルシュートが決勝点に。川崎フロンターレを下し、2大会ぶりのベスト4に駒を進めている。

 この結果、天皇杯準決勝の組み合わせは神戸対C大阪、横浜FM対柏に決定した。

【天皇杯準々決勝 全結果】
ヴィッセル神戸 1−1(PK5−4) 鹿島アントラーズ
セレッソ大阪 2−0 大宮アルディージャ
横浜F・マリノス 1−0 ジュビロ磐田
川崎フロンターレ 0−1 柏レイソル

【天皇杯準決勝 対戦カード】
▼12月23日(土・祝)
ヴィッセル神戸 vs セレッソ大阪
横浜F・マリノス vs 柏レイソル