23日、年間100億ウォン(約10億円)台に達する韓国の小型無人飛行機(ドローン)市場で90%以上を中国企業が占めているという。資料写真。

写真拡大

2017年10月23日、中国メディアの環球網によると、年間100億ウォン(約10億円)台に達する韓国の小型無人飛行機(ドローン)市場で90%以上を中国企業が占めていることが分かった。

韓国メディアの報道として伝えたもので、中国製ドローンは、入門用の中低価格製品が多く売れ、平均販売価格は20万ウォン(約2万円)台だという。

市場調査会社GfKが23日発表した調査結果によると、今年8月までに韓国国内で販売されたドローンは約3万5000台で、市場規模は約73億ウォン(約7億3300万円)に上り、年間に換算すると、今年の市場規模は110億ウォン(約11億円)になるとみられる。

韓国国内のドローン市場関連の調査データが発表されたのは今回が初めてだという。販売されたドローンをブランド別にみるとほとんどが中国製で、金額ベースでも数量ベースでも中国企業が突出しているそうだ。(翻訳・編集/柳川)