画像提供:マイナビニュース

写真拡大

レクサスは25日、「第45回 東京モーターショー2017」において、実用化を見据えた自動運転技術を提案するコンセプトカー「LS+ Concept」を世界初公開したと発表した。あわせてレクサスはスポーツモデル「"F"」の誕生10周年を記念し、「RC F」「GS F」の特別仕様車を限定販売することも発表している。

「LS+ Concept」はレクサスのフラッグシップセダン「LS」の将来像を示唆し、最先端技術を搭載したコンセプトカー。先進的かつ威厳のあるデザイン、2020年の実用化を見据えた自動運転技術の搭載など、レクサスの先見性を象徴するモデルとして開発された。

デザインは将来の「LS」を示唆するコンセプトカーとして、レクサスのデザインフィロソフィー「L-finesse」にもとづき次世代デザインの方向性を示すとともに、フラッグシップとしての威厳ある表情を創出。大型グリルシャッターで冷却性能と空力性能を両立させ、より大胆に進化したスピンドルグリルのほか、一部の光源にレーザーを用いた灯火類や電子アウターミラーなどにより、レクサスならではの先見性も表現している。

自動運転技術においては、2020年の実用化を見据えた「Highway Teammate」を採用し、自動車専用道路にて入口ランプウェイから出口ランプウェイまで自動走行することを可能としている。実際の交通状況に応じて車載システムが適切に認知・判断・操作することにより、自動車専用道路での合流、レーンチェンジ、車線・車間維持、分流などを実現した。クルマとデータセンターを通信でつなぎ、ソフトウェアを更新することで機能の追加を図るほか、道路や周辺データなどのビックデータを用いて学習させた人工知能(AI)によって高性能な自動運転を実現し、ともに成長する新しい時代の愛車像を提案する。

「"F"」誕生10周年記念の特別仕様車は、操縦安定性を向上するパフォーマンスダンパーや、軽量チタンマフラーを特別装備。「"F"」の持ち味である走行性能を一層高めたほか、外装部品にCFRPを採用することでスポーティなイメージを強調している。外板色をマットグレーとし、内装色は「"F"」のシンボルカラー「ヒートブルー」をアクセントとした特別色とするなど、個性を際立たせている。この特別仕様車は「RC F」と「GS F」に設定され、2018年春頃に台数限定で発売される予定だ。