画像提供:マイナビニュース

写真拡大

マネーツリーは、同社提供の金融インフラプラットフォーム「MT LINK」が、京葉銀行のスマートフォン向けアプリ「京葉銀行スマートフォン専用アプリ」で採用となったことを明らかにした。

「京葉銀行スマートフォン専用アプリ」にマネーツリーが提供する金融インフラサービス「MT LINK」経由でiOS/Androidアプリ「一生通帳 by Moneytree」の機能が導入されることになり、京葉銀行およびそれ以外の銀行の口座情報、クレジットカードの利用明細、電子マネー、証券口座、マイル・ポイントカードなどの取引履歴をアプリ上で一元管理可能となる。

また、今回の連携は、日立製作所が提供する「個人IB API連携サービス」の銀行APIを用いているため、利用者は預金口座の情報を安全かつ迅速に閲覧できるようになっている。

なお、今回の協業により、MT LINKの連携先は29社となっている。