北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は24日、「米国とその追随勢力がチュチェの核強国の力強い進軍を阻んでみようと必死になってあがいている」とする署名入りの論説を掲載した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

論説は、「いかなる侵略的挑戦も朝鮮を驚かすことはできず、経済建設と核戦力建設の並進路線を確固ととらえて敵の核戦争挑発策動と制裁・圧迫騒動を粉砕しながら国家核戦力建設の歴史的大業を立派に完遂しようとする千万軍民の強い意志をくじくことはできない」と述べた。

また、「米国とその追随勢力がいくら圧迫の度合いを強め、それによっていかなる天地の変が起こるとしても、自主的な路線を堅持して百勝の道を開いていこうとするわが軍隊と人民の信念と意志は絶対にくじくことができない」と強調した。

その上で、「米国の核戦争挑発策動が悪らつに強行されるほど、自衛的核抑止力を強固にうち固めていくというわが千万軍民の意志はいっそう強くなり、国家核戦力完成の速度もそれだけ速まるであろう」と主張した。